ママは歯科衛生士

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

バカにしないで|第一印象における「歯」の重要性

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

学生時代の友人から聞いて、今でも忘れられない話があります。

 

 

その友人はある食品メーカーで働いていたのですが、ある日オフィスに業務用のコピー機を紹介しに営業の方が来たそうです。

 

 

門前払いにするのも…ということでパンフレットだけ受け取って帰ってもらおうと話を聞き始めると、その営業マンのある部分に衝撃を受け、目が離せなくなってしまったそうです。

 

 

そのある部分とは「歯」

 

 

その方は、前歯がなかったのです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「歯」が第一印象に与えるインパクト

 

 

もちろん色んな理由があると思います。

前歯がないから、その人がどうだこうだという話ではありません。

 

 

ただ、人は当然あると思っているはずのものがなかったりすると、肝心の話に耳を傾けることができす、そのことばかりに気を取られてしまったりします。

 

 

友人もそうで、今思い出してもそのコピー機のことはまったく思い出せないけれど、前歯がなかったという印象と衝撃は忘れられないそうです。

 

 

この例は極端かもしれませんが、

「歯」というのは、自分で思っているよりもずっと、人に与える印象が大きいのです。

 

 

歯がないといったことに限らず、歯の神経が死んでいて黒ずんでいる、着色汚れが目立つ、歯並びがガタガタしている…などなど

 

 

歯にまつわるあれこれで、自分の印象を下げてしまっている可能性があることに意識を向けることは、あなたの人生にとって、とても大切です。

 

 

逆の立場になって想像していただくと、より実感しやすいかもしれません。

 

 

目の前にいる初対面の方の歯が、「なかったり」「欠けていたり」「黒ずんでいたり」「ガタガタしていたり」したら、どうでしょうか。

 

 

どんなにステキな顔立ちや服装をしていても、どこかその好印象にブレーキがかかってしまいますよね。

 

 

これはとてももったいないことです。

 

 

「きれいでないとがっかり」する異性の部位は

 

 

シネックスインフォテック株式会社が、全国の20代から60代の男女1,000人を対象にして「異性の印象と歯に関する意識調査」を行ったのですが、 その結果がとても象徴的なのでご紹介したいと思います。

 

 

まずはこの結果をごらんください。 

 

Q:「異性の第一印象」で、きれいでないとがっかりする異性の部位は?

 

f:id:mama-eiseishi:20170625090644p:plain

 

 

Q:「配偶者や恋人の身だしなみ」で、きれいでないとがっかりする部位は?

 

f:id:mama-eiseishi:20170625091014p:plain

 

 

Q:異性の口元で気になるポイントは?

 

f:id:mama-eiseishi:20170625091210p:plain

 

 

 

正直、この結果がすべてを物語っていて、他に加える言葉もないほどですよね。

 

 

いかに歯を含む口元の印象がたいせつかがわかります。

 

 

とくに印象的なのは、「異性の第一印象」だけでなく「配偶者や恋人」に対しても歯などの口元のケアを大切にしてほしいと思っている、という点です。

 

 

つまり恋人になる前の段階だけでなく、付き合ってからも結婚してからも、歯(口元)のケアには気をつけて欲しいということです。

 

 

それほど歯や口元は人の本能に訴えるものがあるということだと思います。

 

 

歯のケアの方法 

 

 

では、歯をキレイにするにはどうしたらいいのか。

 

 

このブログでも何度もお伝えしてきましたが、あらためてまとめてみますね。

 

 

といっても、何か特別なことをする必要はありません。

以下の3つを淡々とつづけていけばいいのです。

 

 

1.正しい道具で歯を磨き

 

関連記事:【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です 

 

関連記事:【歯科衛生士おすすめワンタフトブラシ】の効果でツルツルの歯に! 

 

 

2.フロスや歯間ブラシを習慣にして

 

関連記事:違いを感じるフロス|歯科衛生士が使ってる超おすすめフロアフロス 

 

 

3.食後や口寂しいときにはガムを噛む

 

関連記事:歯科衛生士おすすめ【初期虫歯を治し、予防するガム】はPOs-Ca(ポスカ)です 

 

 

これを基本にしながら、なにより継続をしていただきたいんです。

 

 

どうしても「今日ぐらいはいっか」「疲れてるし…」などと自分に甘くなってしまうこともあるかもしれませんが、

 

 

そうなりがちな方は、道具に投資してテンションやモチベーションを上げることで楽しくケアする、という方法もおすすめです。

 

 

おすすめのアイテムとしては

 

 

今や、ずいぶん有名になりましたが「ジェットウォッシャードルツ」を使ったり

【2017最新】ジェットウォッシャードルツは買い?|歯科衛生士が詳しくレビューする 

 

 

電動歯ブラシをうまく活用することがあげられます。

歯科衛生士が電動歯ブラシに「ドルツ」をおすすめする理由を全力で語らせて。

 

 

ですが、いずれも肝に銘じていただきたいのは

 

 

歯のケアは「誰かのためじゃなく、自分のためになる」ということです。

 

 

異性からの第一印象などももちろんですが、80年付き合う自分の歯を健康に保つことは、毎日を充実していきるために、地味ですが大きな鍵となるポイントです。

 

 

このことは、日々、歯科衛生士として患者さんの歯を見ているわたしにとって、確信をもって言えることです。

 

 

ぜひ、ここに書いた記事を参考にしていただき、あなただけの人生を充実して生きるための方法として「歯のケア」を継続してほしいと思います! (^^)

 

 

スポンサーリンク

 

歯科衛生士おすすめ【初期虫歯を治し、予防するガム】はPOs-Ca(ポスカ)です

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

以前こちらの記事で、虫歯の各段階別の治療法についてお話ししました。

【関連記事】あなたの虫歯はどのレベル?【段階別】主な虫歯の治療法

 

 

その中で触れましたが、一般的に虫歯の段階は、軽いものから順に以下の4つに分けられます。

 

  • C1:歯の一番外側にあるエナメル質にできた虫歯
  • C2:エナメル質のひとつ内側の組織である、象牙質まで達した虫歯
  • C3:象牙質の内側の組織、歯髄(神経)まで達した虫歯
  • C4:歯の根元しか残っていない状態の虫歯

 

 

ですがじつは、「C1」の段階のさらに前、いわゆる「初期虫歯」と言われる歯の状態をあらわす「C0」という虫歯の段階があります。

 

 

一般的な段階としては「C1」からを虫歯としてカウントするのですが、当然「C1」の前には「C0」の状態があるわけで

 

 

なんとか「C0」の状態でケアし、虫歯の進行を止めることができればいいと思いますよね。

 

 

ですが、それがなかなか難しんです。

 

 

なぜか。

 

 

「C0」の状態では自覚症状はもちろん、見た目も、素人目ではほとんど虫歯であることが分からないからです。

 

 

分からないので、その状態を見過ごしてしまい、「C1」「C2」と虫歯が悪化してしまうことになるんですね。。

 

 

ですが今、この「C0」段階の虫歯を治せてしまえるガムがあるんです。

 

 

それが今回ご紹介する「POs-Ca(ポスカ)」というガムです。

 

 

初期虫歯を治せるガム「POs-Ca(ポスカ)」とは

 

 

「POs-Ca(ポスカ)」は、「C0」段階の虫歯を治せるとして特定保健食品(いわゆるトクホ)としても認定されているガムなんです。 

 

 

このマークですね。

f:id:mama-eiseishi:20170624151155p:plain

 

 

特定保健用食品(トクホ)って何がスゴイの?

 

「トクホ」ってCMなどでも聞く機会があると思うのですが、じっさいに何が他と違うのか、くわしく知っている方は意外と少ないと思います。

 

 

簡単に説明すると、

特定保健用食品《トクホ》に認定された食品というのは、から、健康表示(健康への効用をしめす表現)を、具体的に表示してもいいですよ、とお墨付きをもらった食品のことをいいます。

 

 

国からのお墨付きですから、安全性有効性について審査を受けてそれに合格している商品ということです。

 

 

では具体的に、「POs-Ca(ポスカ)」はどんな効果が国から認められているのでしょうか。

  

 

初期虫歯の状態 

 

初期虫歯を治すことができる「POs-Ca(ポスカ)」のすごさを説明するためには、まず「初期虫歯とはどんな状態か」を知っておくとわかりやすいので、簡単にお話ししておきますね。

 

 

わたしたちの歯や口の中というのは、本来「中性」に保たれていて、実際それが望ましい状態でもあるのですが、

 

 

ごはんやお菓子などを食べることで「酸性」に傾く性質があります。

 

 

この酸性の状態というのが歯にとってはくせ者で、歯が酸性状態になってしまうと、そこからカルシウムをはじめとするミネラルが溶け出てしまうんですよ。

(これを専門用語で「脱灰(だっかい)」といいます。)

 

 

で、この歯からカルシウム等のミネラルが溶け出てしまっている状態のことを「初期虫歯」というのです。

 

 

すべての虫歯はこの段階から始まりますので、ここで虫歯を治してしまえばそれ以上悪化することはないので、初期虫歯は歯にとってのターニングポイントといえます。

 

 

「POs-Ca(ポスカ)」は歯にカルシウムを補給する

 

 

「POs-Ca(ポスカ)」は、この酸性になって歯から失われてしまったカルシウムを直接歯に補給できるという点がポイントなのです。

 

 

これを可能にしているのが、「リン酸化オリゴ糖カルシウム」という成分で、これこそが「POs-Ca(ポスカ)」がトクホに認定された成分でもあるんです。

 

 

じつは、歯から失われたカルシウムって、「だ液に溶けたカルシウム」からしか補給ができないんです。

 

 

言いかえると、「だ液にどれだけ多くのカルシウムを溶かすことができるか」が、初期むし歯を治せるかどうかの大きなポイントになるということです。

 

 

そこで「POs-Ca(ポスカ)」の出番になります。

 

 

「POs-Ca(ポスカ)」は、とっても唾液に溶けやすい水溶性カルシウムを配合しているので、直接、歯に効率的にカルシウムを補給できるのです。

 

f:id:mama-eiseishi:20170618084200p:plain

 

さらに初期虫歯を「再結晶化」する 

 

 さらに「POs-Ca(ポスカ)」がすごいのが、初期虫歯の歯にカルシウムを補給するだけでなく、

 

 

健康な歯と同じ構造をもった結晶が復元されることが実証されたというところです。

 

 

この世界初の実証結果で「経済産業大臣賞」も受賞しているのですが…くわしくお話しすると長くなってしまうので、より詳細にお知りになりたい方はこちら「第29回 『独創性を拓く 先端技術大賞』でPOs-Ca研究が 経済産業大臣賞 食品会社で初の受賞」)をご覧いただくとして ^^;

 

 

ここでは、再結晶化のイメージをご紹介しておきますね。

 

f:id:mama-eiseishi:20170618085654p:plain

 

 

「POs-Ca(ポスカ)」の噛み方

 

噛み方といっても、いわゆる「ガム」ですので噛んでいただくだけでいいのですが、より効果を実感するために、いくつかのポイントがあります。

 

 

一回2粒を20分かむ

え? 20分も!? と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、「POs-Ca(ポスカ)」の再結晶化や唾液の力をいかすためにも、この噛み方をぜひ意識してください。

 

せっかくいいガムを噛むのですから、その力を存分に活かす噛み方をしていただきたいのです (*^^*)

 

 

食後(1日3回)を目安にかむ

さきほども説明させていただいたとおり、「POs-Ca(ポスカ)」は食後の酸性に傾いた口の中を中性にもどし、カルシウムを補給してくれる働きがありますので

 

ぜひ食後にかむようにしてください。

 

 

キシリトールガムとの違い

 

「歯にいいガム」というと、キシリトールガムがあたまに浮かぶ方も多いと思います。

 

 

「キシリトールガム」と「POs-Ca(ポスカ)」の違いを端的にあらわすと

  • キシリトールガムは「虫歯予防
  • POs-Ca(ポスカ)は「初期虫歯を治す

という点に集約されます。

 

 

どちらも、唾液のもつ力を利用して歯の健康を保つのに有効なガムですので、上記の違いをポイントに選んでいただければと思います。

 

 

忘れちゃいけない「味のおいしさ」

 

初期虫歯を治したり予防できたりする機能性が一番のポイントですが、わたしが「POs-Ca(ポスカ)」をかんでびっくりしたのが

 

 

おいしくて、味が長持ちするなー

 

 

ってことでした。

 

 

この点、キシリトールガムは比較的味がすぐになくなってしまうのがちょっと残念だったりするので、おいしく噛むというガム本来の楽しみも味わえます(*^^*)

 

 

一度噛むと、いつも手元に置いておきたいお気に入りになると思いますよ♪

 

 

 

「POs-Ca(ポスカ)」のオススメの購入方法

 

このトクホの「POs-Ca(ポスカ)」は、普通のガムに比べて高価だからか、街のスーパーやドラッグストアではあまりお目にかかれません。

 

 

Amazonでは売っていますが、まとめ買いをしたりプライム会員のパントリーを使わないと安く購入できないこともあり、わたしはグリコ(「POs-Ca」はグリコ社がつくっています)のHPから直接購入しています。

 

 

いいモノだから定期便で継続して噛むことが大事

 

グリコのサイトから購入すると、定期便を選択することができます。

 

 

どんなにいいモノでも、食べ始めて(ガムですから「噛み始めて」ですね)その翌日に効果を実感できる、なんてものはありません。

 

 

わたしが「POs-Ca(ポスカ)」を噛み始めて「あれ、歯のツルツルが長持ちするな」と感じ始めたのは、噛み始めてだいたい2週間ぐらいたったころでした。

 

 

さらに「食後やちょっとした空き時間にはPOs-Caを噛む」という習慣ができて(この習慣化が大事です!)

 

 

2〜3ヶ月すると、明らかに基本的な口の中の状態が変わってきてることが実感できます。「POs-Ca(POs-Ca)」や唾液の力で、歯に歯垢がつきにくくなっているので、一日を通して口の中のネバつきがなくなってくるんですよ。

 

 

一度この違いを感じてしまうと、もうこの「POs-Ca(ポスカ)」を噛む習慣はやめられなくなるのですが、

 

 

そこにいくまで、たとえば「一回噛んだだけでなんとな〜く止めてしまう」といったパターンが、一番もったいないんです。

 

 

だからこそ、本気で「もう虫歯を治療するために歯医者には行きたくない!」という方は、効果を実感するために、最初に「定期購入」でPOs-Caを噛むことを習慣化することを意識していただきたいのです。

 

 

定期購入がオススメ

 

定期購入することでもちろん送料もかかりませんし、値段も10%オフ(約1,000円お得)で買えることに加え、初回には「詰め替え用ボトル」と「携帯ケース」がついてくることも、なによりおすすめです!

 

 

とくに、食後に噛みたい「POs-Ca(ポスカ)」は、いかに手軽に持ち歩くかがとっても大きなポイントになるので

 

 

この「携帯ケース」に入れ替えておけばいつでも簡単に持ち運びできて、かなり便利です。

 

 

先ほどからお伝えしている「習慣化」がしやすくなるので、ぜひ活用していただきたいなぁと思います!

 

「POs-Ca(POs-Ca)」が買えるグリコの公式ホームページはこちら です。

 

 

さいごに

 

虫歯は一定程度すすんでしまうと、自然に治ることは絶対にありません。

 

 

ですから、初期虫歯のうちに治してしまえる「POs-Ca(ポスカ)」を噛んで、虫歯を悪化させる前に、歯医者さんへ行かなくてもすむように意識することはとっても大切です。

 

 

あとから痛い思いをしたり、治療にお金をかけたりする前に「ガムを噛む」ことで防げる虫歯があるというのは、すごいことだと思いませんか?

 

 

お節介のようになってしまうのですが(歯科衛生士という職業柄、いいモノはどうしてもオススメしたくなってしまうのです ^^;)、

 

 

歯は人生80年をともに付き合う、本当に大切なものですので、ガムを噛むという手軽で効果的な方法がある今、ぜひこれを活用していただければと思います!

 

【POs-Ca(ポスカ)が購入できるグリコの公式ホームページ】

グリコ公式HP

 

 

 

歯科衛生士が教える|マウスピースの正しい洗い方

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

ストレス社会だからでしょうか。

わたしの働く歯科医院には、一定の間隔で、夜寝ている間の「歯の食いしばり」「歯ぎしり」に悩む患者さんがいらっしゃいます。

 

 

そういうわたしも、下の歯の内側に「骨隆起」といわれる骨の盛り上がりがあり、寝ている間に歯を食いしばる癖があるのでマウスピース(ナイトガード)を作って使っています。

 

 

歯ぎしりや食いしばりの癖がある方は、知らず知らずのうちに口腔内の歯や骨に負担をかけてしまっていますから、マウスピースを使用することはとても大切です。

 

【関連記事】「歯ぎしり・食いしばり」はこわい。原因を知って早めに対策を! 

 

 

ただこのマウスピース、とても役に立つのですがお手入れをテキトーにしていたり、間違った洗い方をしたりしていると「ニオイ」がしてきたり雑菌が繁殖したりと、口腔内の環境を逆に悪化させてしまうことがあるんです。

 

 

毎日使うものですので、正しくお手入れして気持ちよく使用したいですよね。

 

  

そこで今回は、忙しい朝にもピッタリの、簡単で正しいマウスピースのお手入れ方法についてお話ししたいと思います。

 

 

マウスピースの種類

 

 

まずはマウスピースの種類について簡単に説明しておきますね。

 

 

マウスピースには、「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」の2種類があります。

それぞれの違いや特徴は以下のとおりです。

 

 

ハードタイプ

 

その名のとおり、固い樹脂で作られたマウスピースです。

装着した感じも「ガチッ」と歯に固定されますので、慣れるまでは違和感を感じる方も多いですが、耐久性がある上、確実に歯を守ってくれますから「食いしばり」「歯ぎしり」が癖になっている方はこのハードタイプが望ましいです。

 

歯医者さんでつくるマウスピースは、こちらのハードタイプがメインになります。

 

こちらの記事には写真も掲載しています。

 

 

ソフトタイプ

 

やわらかいポリエチレン樹脂などでできたマウスピースです。

やわらかいですから装着時の違和感がすくなく、とっつきやすいですが、何よりお大きなデメリットは穴が空きやすいことです。

 

歯ぎしりや食いしばりによる歯や骨のダメージを少なくするために使うマウスピースなのに、長く使うことができないのは厳しいです。。

 

とはいえ、ハードタイプがどうしても合わない方は、何もしないよりはずっといいですし、市販されてもいますから最初のステップに試してみる価値はあると思います。

 

 

 

マウスピースの洗い方

 

 

いよいよ洗い方です。

これは先ほどの「ハードタイプ」も「ソフトタイプ」も基本的に大きな違いはありません。

 

 

まずは朝起きたらマウスピースを外して、手で水洗いしてください。

この際、ぬるま湯で洗うといいといった情報もありますが、手間がかかるなあと思われる方は、水でもけっこうです。

 

 

ぬるま湯か水か、よりもずっと大事なポイントは、マウスピースを歯磨き粉をつけた歯ブラシでゴシゴシ磨きすぎないということです。

 

 

ソフトタイプのマウスピースはもちろんですが、ハードタイプであっても研磨剤入りの歯磨き粉を使ってしまうと目に見えない小さなキズがついてしまい、そこに雑菌が繁殖してしまうケースがとても多いです。

 

 

歯ブラシを使うのであれば、歯磨き粉なしで軽く磨くだけで十分です。

 

 

これだけは注意!

 

水洗いは「水かぬるま湯で」とおつたえしましたが、時々、殺菌効果も期待して「熱湯」でマウスピースを洗う方がいらっしゃいます。

 

が、これは絶対にやめてください

 

熱により形が変形してしまったり溶けてしまうからです。(ハードもソフトもどちらでも同じです。)

 

 

 

絶対使ってほしい「マウスピース用洗浄剤」

 

 

じつは歯ブラシを使って洗う作業は、必ずしも必要なお手入れではありません。

 

 

それよりも大切なのは、水かぬるま湯で手を使って洗ったあと、「マウスピース用洗浄剤」を使うということです。

 

 

オススメのマウスピース用洗浄剤はこちらです。

 

 

 

ポリデントというと、入れ歯のCMを思い出して「え?」と思われる方もいるかもしれませんが、ポリデントにはマウスピースの洗浄剤もあって、品質は間違いありません

 

 

気になるニオイの原因菌やカビを除去したり防止したりしてくれて、ほんとうに安心です。

 

 

というか、人口樹脂などでできたマウスピースは、基本的にこういった洗浄剤を使わずに清潔に保つことはできないと考えていただいていいと思います。

 

 

わたしは、朝起きるとマウスピースを水かぬるま湯で軽く手洗いして、そのあとすぐにこのマウスピース用洗浄剤につけおきしたまま、夜までほったらかしです(^ ^)

 

 

この方法で、マウスピースはキレイに長持ちさせることができますし、さらに忙しい朝でも時間のロスがほとんどないのが嬉しいところです。

 

 

さいごに

 

 

せっかく歯を大切にしようとマウスピースを作っても、お手入れをせずに雑菌だらけにしてしまっては元も子もありませんよね。。

 

 

歯ブラシを使って時間をかけなくても、マウスピース用洗浄剤を使えば手軽に除菌、お手入れが完了しますから、マウスピースを使っている方はぜひここまで意識していただきたいんです。

 

 

マウスピースは、歯を、ひいてはわたしたちの人生の質を高めてくれるとてもすぐれた器具です。

 

 

おせっかいながら…正しいお手入れをしてほしいと、マウスピース洗浄剤を使ったお手入れについてお話させていただきました! (*^^*)

 

 

歯科衛生士おすすめの歯みがきグッズ

【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です 

歯科衛生士おすすめの【初期虫歯を治すガム】はPOs-Ca(ポスカ)です 

【決定】歯科衛生士おすすめ歯みがき粉はこの4つ|虫歯・歯周病・ホワイトニング・知覚過敏 

 

スポンサーリンク

 

子どもの歯磨きはいつから?歯科衛生士がズバリお答えします

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

子どもがうまれると、これまで考えたこともなかった疑問が次々とわいてきたりしますよね。

 

 

たとえば、

  • いつから外出していいの?
  • 髪の毛って、いつから生えてくるんだろう
  • 帰省したいけど、飛行機って乗れるんだっけ?

 

などなど、それまでは意識すらしていなかったことがたくさんでてきて、その都度調べたり人に聞いてみたり…と、けっこうワサワサします ^^;

 

 

わたしが歯科衛生士だということで、歯のことについても聞かれることが多いのですが、赤ちゃんが生まれて質問される内容でもっとも多いものが

 

 

歯みがきって、いつからするの?

 

 

という質問です。

 

 

今回はこの質問にお答えしつつ、子どもの歯みがきで気をつけていただきたいいくつかのポイントについてもお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

子どもの歯みがきはいつから始める? 

 

 

歯の生え始める時期は、そのお子さんによって本当に個人差があります。

 

 

一般的には生後6ヶ月ぐらいを目安に、まずは下の歯の真ん中2本が生えてきます。

(心配されるお母さん、お父さんが多いので繰り返しますが、個人差があります。ゆっくりなお子さんの場合、生後12ヶ月ぐらいしてようやく生えてくる子もいますので、焦らずに待っていましょう☆ 

もし1歳3ヶ月ぐらいをすぎても生えてくる様子がない、というときは一度小児歯科などで見てもらってもいいと思います。)

 

 

ですが、下の歯の真ん中2本が生えてきた段階では、まだ歯ブラシによる歯みがきは必要ありません。 

 

 

このころはまだ離乳食をはじめるか、はじめないかといった時期ですので、いわゆる虫歯の原因になる「歯垢」が溜まってしまうことはほとんどないからです。

 

 

このころのケアとしてオススメなのは、ガーゼによる清拭です。

 

 

超定番商品ですが、わたしも自分の子どもにはこの商品を使っていました。

 

もちろんフッ素などは使用しておらず、安心して使うことができますよ。

 

 

上の歯が生えてきたら、歯ブラシを使ってみよう

 

 

上の前歯が4本生えそろってきたら、そろそろ歯ブラシによる歯みがきを始めてみましょう。

 

 

ですがここでひとつ、注意していただきたいことがあります。

 

 

はじめての歯みがきは、こどもが歯みがき嫌いになるかならないかの大きなポイントになりますが、そのキーとなるのが「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」と呼ばれる筋なんです。

 

 

上唇小帯(じょうしんしょうたい)とは、上唇と歯茎をつなぐため、上の前歯の真ん中にある「すじ」のことを言います。

 

 

子どもの頃はこの上唇小帯が太かったりして、歯ブラシが強くあたると痛みを感じてしまうことが多々あります。

 

 

お子さんの歯をみがく際は、この上唇小帯につよく歯ブラシを当てないよう、注意してあげてくださいね (*^^*)

 

 

歯みがき粉は必要?

 

 

もうひとつ、気になるポイントとして子どもの歯みがきに歯みがき粉は必要なのか?という点があげられると思います。

 

 

これに対してはまず「うがいができるかできないか」という分岐点があります。

 

 

こちらの記事にも書きましたが

【関連記事】歯科衛生士が教える|赤ちゃんでも安心な歯みがき粉の選び方 

 

 

まだうがいができない赤ちゃんや小さな子どもの場合、フッ素などの大量に体に入ると心配な成分を飲み込んでしまう恐れがあるため、注意が必要です。

 

 

ですが、同時に、子どもの頃の歯のケアというのは、その後永久歯が生えてきたあとの土台となるとても大事な時期でもあるんです。

 

 

早い時期に、子どもの口の中を虫歯にならない環境にしてあげることが大切だということです。

 

 

わたしは自分の子どものためにいろいろ調べて、ブリアンという歯みがき粉を使っています。 

 

 

フッ素などの心配な成分は一切使っておらず、ブリス菌という「虫歯になる環境をつくらない」善玉菌が子どもの歯を将来にわたって守ってくれます

 

 

ブリアンについてはこちらの記事にまとめていますので、ぜひどうぞ

歯科衛生士のわたしが子どもにブリアンを使っている理由|効果・使い方もプロ目線でレビューします

 

 

さいごに 

 

冒頭にも書きましたが、子どもがうまれると(特に一人目の場合はなおのこと)、これまで考えたこともなかったことで戸惑うことがたくさんあります。

 

 

その中でも、歯や口の中の環境(口腔環境)のケアは「最初が肝心」だったりもします。

 

 

まだ小さいから…、2〜3本しか生えてないし…、となんとな〜く考えるのではなく、「この時期にできることはやれる範囲でやっておく」という意識で

 

 

今後80年以上お世話になる、お子さんの大切な歯を守ってあげてほしいと思います☆

 

 

あわせてどうぞ

歯みがきを嫌がる子どもに|これで完璧!な3つの方法とテクニック 

歯科衛生士おすすめの【初期虫歯を治すガム】はPOs-Ca(ポスカ)です 

歯科衛生士が教える|赤ちゃんでも安心な歯みがき粉の選び方 

歯科衛生士のわたしが子どもにブリアンを使っている理由|効果・使い方もプロ目線でレビューします 

 

スポンサーリンク

 

歯科衛生士でも、やっぱりこわい歯医者さん

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

わたしは歯科衛生士ですので、自分の口腔内の状態はだいたい把握できているのですが、勉強なども兼ねて、定期的な検診としてなじみのない歯医者さんにいってみたりしています(^^)

 

 

そうすると、

(歯科衛生士として歯科医院で働きはじめてもう10年以上になるのですが)、自分が患者として歯科医院に行くとなると、やっぱりこわいんですよねぇ

 

 

あれは何でなんでしょうね? ^^; 

 

 

スポンサーリンク

 

 

歯医者さんがこわい原因

 

 

まず、入口に入ってすぐに感じるあの独特のにおい。

そしてキィーーーン、シュイーーーンと響くあの金属音が、とにかく緊張と不安を煽ってきます。

 

 

こんなふうに、わたし自身が患者として歯医者さんに行くたびに

あー、患者さんたちはいつもこんな気持ちで医院に来られているんだなぁ」とあらためて感じ、ちょっと反省したりします。

 

 

そして 

  • やっぱり先生や歯科衛生士さん、受付の方はやさしくないとイヤだな、とか
  • うがいやコップ、スピットン(水をぺーっとするところです)は清潔じゃないと気持ちが悪いな
  • スタッフさんの服装や院内は清潔感がないと信用できない感じがするなー

 

など、いろんなことを客観的に感じることができます。

 

 

最近思ったのは、自分の順番が回ってきて「ナカタさん、どうぞ中へお入りください」と言われた時のスタッフの方の表情がやさしい感じだとホッとするな、ということです。

 

 

心当たりありませんか? (^^)

 

 

こんな経験を通して、わたし自身できるだけ初診の患者さんにも安心していただけるようにしたいな、と感じるようになりました。

 

 

自分が大切なポイントだなぁと感じた先ほどのいくつか

  • やさしい雰囲気
  • 清潔感

などは自分がはたらく医院でも常に意識するようになりましたし、最近はもうちょっとできることはないかなーと思って

 

 

少しでもリラックスしていただくために、白衣の下にほんのすこーしですが、アロマオイルをたらすということを始めてみました。

 

 

ふつうの香水となると、どうしても好き嫌いがでてきてしまいますし、子どもにはそもそもキツく感じてしまったりもすると思いますが

 

 

ごくごく少量のアロマであれば、キツすぎることもありませんし、優しい香りでリラックス効果もあると思います。

 

 

私生活にも影響が…

 

 

そんなこんなでアロマオイルが習慣になってくると、そのリラックス効果に自分自身が癒やされるようになってきました ^^;

 

 

これまでは意識もしていなかった自分のアロマの好みなどにも敏感になり、自分は「ウッディー系」が好きなんだな、などとわかり、家でもアロマオイルを焚いてみたり…

 

 

あらためて、香りってほんとに人の気持ちや心に直接作用することを実感しています。

 

 

歯医者さんを「こわくないところ」にする方法

 

 

わたしは歯科衛生士としての勉強も兼ねて、いろいろな歯医者さんに行ってみたりしていますが

 

 

そうではないみなさんであれば、やはり一番いいのは

痛くなる前に歯医者さんに行く習慣をつけ、医院やスタッフの方の雰囲気をなじみのものにしておく

 

ということだと思います。

 

 

初めての感じ」や「アウェー感」がなくなれば、どんな場所でも必要以上に緊張することはなくなります。

 

 

虫歯や歯周病だけでなく、食いしばりなど、自分ではなかなか気づけないことも症状がでる前に対処することができるようになれば、人生の充実度もアップすることは間違いありません。

 

 

長い目でみた時の金銭面でも、治療と予防では、予防のほうがお金の負担は少ないです。

 

 

ほかの誰のためでもなく、ご自分のために、ぜひ行動にうつしてみてくださいね!(*^^*)

 

 

あわせてどうぞ

歯科衛生士オススメのキシリトール100%ガム・タブレットで効果的な虫歯予防を 

【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です

歯みがきを嫌がる子どもに|これで完璧!な3つの方法とテクニック 

 

スポンサーリンク

 

全ての立ち仕事女性へ|「疲れを癒す」から「疲れない体に」なる方法

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

歯科衛生士の仕事は、じつはとても足が疲れます…

 

 

みなさんのイメージでは、歯科衛生士はチェアに座りながら歯のクリーニングや処置をしている姿が一般的かもしれませんが

 

 

実際は、けっして広くはない診察室を「あっちへウロウロ」「こっちへウロウロ」と歩き回り (^^;、またドクターのアシストにつくときは立ちっぱなしで行うことがほとんどです。

 

 

歯石取りなどで自分が施術するとき以外は、かたいフローリングの床にずっと立ちっぱなしでいるんですよ (>ω<)

 

 

オペの時などはそれが何時間も続いて、もうグッタリです。。

 

 

足は「歩く」より「立ってる」方が疲れるという事実

 

 

じつは人間の足って、長距離を歩くよりも、その場に立ちっぱなしでいる方が断然疲れるらしいこともあって

 

 

帰りの電車で席に座れたときは、最寄駅に着いても立ち上がれないくらい足がパンパンになったりします。

 

 

そして『溜まった疲れは週末の半身浴やマッサージで解消し、また次の週へ突入する。』

 

 

わたし自身、そんな生活を続けていたのですが、ある日思ったのです。

 

 

こんな生活を続けていたら、一生この流れを繰り返すだけの生活になる」と。

 

 

つまり、週末の半身浴やマッサージって、マイナスになった身体の状態をゼロに戻しているだけであって、プラスにする要素がない…なんて虚しい行為なんだろうと感じてしまったんです。(さらに、そこにお金も使っているという。。)

 

 

そこから、わたしの試行錯誤の日々が始まりました。

 

 

そしてたどり着いた結論が、

「疲れを癒す」から「疲れない身体に」なることが一番だ!ということでした。

 

 

なぜ足が疲れるのか

 

 

そもそも足の疲れって、どうして起きるのでしょうか。

 

 

なんとなく知ってる、という方も多いかもしれませんが、あらためて説明すると「血液が足に溜まって循環が悪くなることで、疲労物質が蓄積されてしまう」ことが原因です。

 

 

この原因がわかれば、おのずと「疲れない」ようになるためには何が必要かが分かってきますよね。

 

 

そうです、「血流をよくすればいい」のです。

 

 

血流を良くするには

 

 

一番手軽に、その場でできることは「つま先立ち」や「ふくらはぎを伸ばす」といったことです。

 

 

とくにふくらはぎは「第二の心臓」なんて言われますから、ふくらはぎの血流を良くしてあげることで、全身の血液の流れが促進される効果が得られます。

 

 

わたしのとっておきのグッズ

 

 

つま先立ちやふくらはぎのストレッチもいいのですが、

 

 

ある日、かつての歯科衛生士の専門学校で同じクラスだった友だちとお茶を飲んでいて、「とにかく足が疲れる」と相談すると「これを履くといいよ!ぜんっぜん違うから」と教えてもらったグッズがあります。

 

 

それはキュットスリムというストッキングでした。

 

f:id:mama-eiseishi:20170607211356p:plain

 

 

最初にこの「キュットスリム」を紹介されたときは、いわゆる「美脚ストッキング」的なものだと思っていたので、

 

 

「う〜ん、そうじゃないんだなぁ」(もちろん美脚も手に入れたいですが ^^;)

 

 

立ち仕事で疲れる、って言ってるんだけどなーと思っていたのですが、よくよく話を聞くと、どうも美脚うんぬんだけでなく、もっと体感できる効果があるのだと言うんです。

 

 

それが「弾圧」「着圧」設計がされていることによる血流促進効果だったんです。

 

 

「血流が促進される」ということは、先ほどお話したように「身体の疲れにくさ」に直結します。

 

 

最初薦められたときは半信半疑でしたが、これがびっくりするぐらい効果抜群だったんです!

 

 

キュットスリムの効果

 

このキュットスリムの売りとしては、

 

f:id:mama-eiseishi:20170607212849p:plain

 

 

こんなふうに各パーツにあわせた着圧設計で「美脚」はもちろん、「ヒップアップ」「ぽっこりお腹」のカバー、「下半身痩せ」「むくみの改善」などがあげられるのですが、

 

 

さきほどからお話しているように、わたしにとっては「血流改善」による「疲れの軽減」が一番のうれしい効果でした!

 

 

とにかく、履いた瞬間から感じる「ちょっとキツイかな…」と感じるほどの圧力感が、血液の流れを促進してくれて、履いてるうちにだんだんクセになってくるんですよ。

 

 

ただ立ってるだけでも、何かに支えられているような感覚とでもいいますか。

 

 

仕事終わりに電車に乗っても、座席から立ち上がることもできなかった頃がウソのように足に疲れが残ってないんです。

 

 

お値段は3,000円ちょっとしますから、けっして安い買い物ではないのですが、その効果を考えると、わたしにはまったく高く感じませんでした。

 

 

けっきょく疲れを癒やすために行くマッサージやスーパー銭湯などのお風呂にそれ以上のお金をかけていましたから、その時間分、得をした感じさえしています。

 

 

「疲れを癒やす」から「疲れない身体」へ

 

 

わたし自身が使い、実感したからわかったことですが、やっぱり

 

 

「疲れてマイナスになった身体をゼロに戻す」ためにお金や時間をかけるのはもったいないんですよ。

 

 

だったらその時間を本当に好きなことや好きな人と過ごしたほうが何倍も人生を楽しめますから (*^^*)

 

 

立ち仕事で足や体全体の疲れにお悩みの方は、ぜひこのキュットスリムを試してみてください。

 

 

たかがストッキングと侮っていると、その効果にうれしいギャップを感じるはずです!

 

着圧・弾性・加圧ストッキングの決定版!キュットスリム!

 

スポンサーリンク

 

歯みがきを嫌がる子どもに|これで完璧!な3つの方法とテクニック

 

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

子どもって、歯みがきするの嫌がりますよね…。

 

 

ふだん歯科医院で働いていて、子どもを連れてこられたママさんの一番のストレスは「歯みがきをイヤがってしてくれないこと」という方がすごく多いです。

 

 

「歯みがきしないと虫歯になるよ!」といったところで、虫歯の痛さや治療の怖さなどを知りませんから効果がないんですよねえ…

 

 

今回はそんなお母さんお父さんのために、歯みがきを嫌がる子どもにうまく歯みがきするためのテクニックを3つご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

歌をうたってる間に磨く

 

 

これはわたし自身がやっていて効果があったのでオススメです!

 

 

NHKのお母さんといっしょで流れる歌など、子どもが好きな曲をお母さんやお父さんが歌ってあげながら歯を磨く、という簡単なことなのですが

 

 

コレが意外と効果的なんですよ(o^^o)

 

 

この方法でうまくやるポイントはズバリ以下の2つ!です。

 

 

歌が終わったら歯みがきも止める

 

これを子どもとの約束にして、その間は歯みがきがんばろうねという決め事にするのです。

 

子どもってこういうルールを決めると、けっこうキチンと守ろうとしますよね。しかもその間は好きな歌をママやパパが歌ってくれているので楽しんでもくれます!

 

ですが、逆に親がルールをないがしろにすると、この方法は続かなくなります。

 

  • 歌の間に歯みがきを終わらせる
  • もし終わらなくてもその日はそこで終わりにする

 

を徹底することで、ストレスフルな歯磨きタイムも楽しいひと時になりますよ〜(^ ^)

 

 

歌う曲は長すぎないものにする

 

これも地味に重要なポイントです。

 

言うまでもなく、長すぎると歌う方も大変ですし、子どもも飽きてしまいます…。歌う曲は2〜3分のものを選んで、親もその間に磨き終えるようにがんばりましょう(^ ^)

 

 

痛くしない

 

 

2つ目は「痛くしない」ということです。

 

 

「当たり前じゃん」「それができればやってるよ」という声が聞こえてきそうですが、あらためて想像してほしいんです。

 

 

自分が歯医者に行ってイヤなのって、キィーンという音ももちろんですが、やっぱりあの痛みですよね。

 

 

やってる方は気付きにくいですが、されている方は「今、どこをどうされているのか」が見えませんから、自然と本能的に感覚を研ぎ澄ませているんですよ。

 

 

なので痛みや違和感に敏感になってるんです。

 

 

ココを理解せずにゴシゴシ磨いたりすると、子どもの意識に「歯みがきは痛いもの」という固定観念が植え付けられてしまい、のちのち苦労します。

 

 

痛くしないポイント

 

とはいえ、人の歯を磨くという経験はふつうのお母さんお父さんにとっては、初めてだという方が多いと思います。

 

痛くしないのにはいくつかポイントがありますが、まずは次の2つを意識するだけでけっこう違いますので参考にしてください。

 

  • ちょっと弱すぎるかな…ぐらいの力で小刻みに磨く。(歯の汚れって、思ってる以上に優しい力で十分汚れは落ちんです)
  • 歯ぐきに歯ブラシの毛を当てすぎないように注意する。(歯自体に神経はありませんから、痛みを感じる歯ぐきに対して気をつけるだけで全然ちがいますよー)

 

 

おいしい歯みがき粉を使う

 

 

歯みがきをイヤがる子どもに効果的なテクニックの最後は、やっぱりこれです。

 

 

一見、邪道だと感じてしまいますが、我が家でもけっきょく一番効果があったのが、この「おいしい歯みがき粉を使う」ことでした。

 

 

我が家で使っているのはブリアンという歯みがき粉なのですが、このいちご味の子どもへのインパクトは絶大でした!

 

 

それまで、2人の子どもの歯みがきの順番は「一日おき」に、

昨日はお兄ちゃんからだったたから、今日は〇〇ちゃんからね、といったやり方でやっていたのですが(つまり、どちらも率先して歯を磨きたいとは思ってなかったということですね(^^;)

 

 

ブリアンを使うようになってからは、お互い「今日は自分からやる!」といって我先にと争うようになったんです。

 

 

けっきょく味かぁ…と、歯科衛生士としての小さな敗北感を感じながら、でも喜んで歯みがきをしてくれるという、日々のストレスからの解放はわたしにとってとても大きな効果でした!

 

 

このブリアンという歯みがき粉については以下の記事でも詳しく紹介していますが

【関連記事】歯科衛生士のわたしが子どもにブリアンを使っている理由|効果・使い方もプロ目線でレビューします 

 

 

味はもちろん、一番の売りは「使うことで虫歯菌を除去できる」ということです。

 

 

歯の健康は将来の人生の充実度にとても影響しますが、そのために子どもの頃にいかに虫歯になりにくい環境をつくっておくかというのは、とっても重要なポイントです。

 

 

オススメの歯みがき粉ブリアンの公式サイトはこちらからどうぞ

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合
子供用歯磨き粉【ブリアン】

 

 

***********************

 

 

以上、歯みがきを嫌がるお子さんに効果的な方法やテクニックを3つご紹介しました。

 

 

将来のお子さんのためにも、ぜひ参考にしていただければと思います!(^^)

 

 

こちらの記事もあわせてどうぞ☆

歯科衛生士が教える|赤ちゃんでも安心な歯みがき粉の選び方 

歯科衛生士のわたしが子どもにブリアンを使っている理由|効果・使い方もプロ目線でレビューします 

【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です 

 

スポンサーリンク