ママは歯科衛生士

あなたの人生をお口から豊かに

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

ひとりごと

【親孝行に最適】お父さんお母さんへのプレゼントは電動歯ブラシがおすすめ

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしの父は80歳を過ぎていますが、歯は32本すべて生えそろっています。 自営の仕事をいまだに現役で続けていていますが、もちろん歯とは関係のない仕事です。 「8020運動※」なんて言葉を聞いたことが…

歯に悩む方はぜひ!その名も「歯神社」へ行ってきました

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 こちらのプロフィールにも書いているとおり、わたしは大阪で生まれ、育ちました。 なのですが、25歳のときに歯科衛生士の専門学校へ通うようになるまで、この神社の存在を知りませんでした。 その名も「歯神…

歯科衛生士でも、やっぱりこわい歯医者さん

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしは歯科衛生士ですので、自分の口腔内の状態はだいたい把握できているのですが、勉強なども兼ねて、定期的な検診としてなじみのない歯医者さんにいってみたりしています(^^) そうすると、 (歯科衛生士と…

知ってます?「歯が抜ける夢」が意味するもの。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしはかつて歯科衛生士の専門学校へ通っていたころ、「歯が抜ける夢」をよく見ていました。 当時は授業で「歯の大切さ」や「虫歯・歯周病のおそろしさ」などを勉強していた関係もあって 「やっぱり歯のこと…

歯科マニアの聖地|銀座「Megadent」(メガデント)を君は知っているか。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 日ごろ歯科医院で働きながら患者さんのお口をのぞき込む生活をしているうち、仕事とプライベートの区別が溶けていくような感覚を覚えることがあります。 テレビを観ていると芸能人の歯の状態が気になり、 電車…

裏切る勇気

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 先日、かつて関わっていた職場(歯科医院ではなく一般企業です)でお世話になった上司が定年退職するということで、「送る会」に出席してきました。 その方の長年の労をねぎらい、会自体はとても心温まるものだ…

洗車場でわたしを洗う

ひとは、こころから好きな場所やものがあれば、多くのつらいことは乗り越えられるんじゃないかなぁと思ったりします。 わたしにはいくつかの好きな場所があります。 洗車場もそのうちのひとつです。 洗車場とは、その名のとおり車を洗う場所です。 車を洗う…

歯科衛生士のわたしが白衣の下に着てるもの【SKINSスキンズ】

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 ある日、洗濯物を干そうと衣類を洗濯機から取り出したところ、見慣れない、触り慣れないタイツが出てきました。 触り慣れない、というのは具体的にはいうと… 未来的な素材感でテロテロしたゴムみたいな触り心地…

悪そうな男の子。

息子を幼稚園に送りに行ったあと、娘と自転車道を歩いていました。 その自転車道の両脇には背の高い木が生えていて、夏の暑い日にはその木陰に入るとすこし涼しさを感じることができます。 冬は葉が落ち、枝だけになりますが、その寒々しい風景もまた悪くあ…

いま君に必要なのは薬じゃなくて、ダンスだ!

こころが軽くなる言葉があります。 タイトルの「いま君に必要なのは薬じゃなくて、ダンスだ!」もわたしにとってそんな言葉のひとつです。 これはなにかの本で読んだ言葉だとおもうのですが、肝心の本の名前などの情報は一切忘れてしまいました…。ですがこの…

仕事をやめようと決心した朝のこと

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 今日、ひさしぶりにラッシュ時の電車に乗ることがあって、ある出来事を思い出したので今回はその出来事について書いてみたいと思います。 わたしは25歳のとき、歯科衛生士の専門学校に入りました。 まわりの…

いつもは右に曲がる道を左に曲がれば、それはもう旅だと思う。

人によっては、買い物だったり、おしゃべりだったり、映画だったり運動だったりするものが、わたしの場合は「旅」がそれにあたるってことなんだとおもう。 スポンサーリンク // このまえ見ていたTVの中で、 「もし宝くじが当たったら、今の仕事やめますか?…