ママは歯科衛生士

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

歯のあれこれ

【口臭対策にも】歯周病を改善する方法、こちらです。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 あちこちで言われていることではありますが、日本人の8割の方は歯周病にかかっています。 8割というと10人中8人、5人中4人ですよ(…当たり前ですね ^^;) つまり、歯周病でない方のほうが圧倒的に少ない…

【衛生士のカバンの中身】旅行用おすすめ歯みがきセットを紹介します

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 あなたは旅行の準備を事前にコツコツ始める派ですか? それとも直前になってバタバタと始める派ですか? わたしは、直前になってバタバタと始める派です!! ^^; いえ、毎回、事前にコツコツ始める派を目指して…

【注目】ダイエット目的にガムを噛む方へ|衛生士オススメのガム

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 先日、虫歯の治療に来られた若い女性の話です。 その方はまだ十代後半と若く、手足もスラっと長い美しい女性でしたが、「虫歯になったみたいで…とにかく歯が痛いんです」と来院されました。 さっそく口の中を拝…

子どもにいっぱいおやつを与えるおじいちゃんおばあちゃんに困っている親御さんへ

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 歯科医院に子どもを連れてくるお母さんの声でたまに耳にするのが、 ダンナさん側のお父さんお母さん(子どもにとっては「おじいちゃんおばあちゃん」)が子どもにおやつをいっぱい与えるのがとっても困る!とい…

30歳を過ぎたら|おとな虫歯「根面う蝕」に気をつけて!

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 一般的に虫歯というと、以下のイラストのように歯の表面が黒くなって穴があいて…という状態を想像する方がほとんどだと思います。 もちろんこれがいわゆる「虫歯」の一般的な状態なのですが、成人になり、だい…

【ダイエットだけじゃない】世界で広がる「砂糖税」は虫歯予防にも効果あり

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 先日ニュースを見ていたら、タイで、砂糖を多く含む飲み物に税をかけるいわゆる「砂糖税」の導入を9月の税改正で決定するという報道を目にしました。 あなたは「砂糖税」という言葉を聞いたことがありますか?…

歯みがき粉、歯ブラシいっぱいにつけていませんか?【歯みがき粉の適量とは】

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 いまだにTVのコマーシャルなどでは、タレントさんが歯ブラシの毛先いっぱいに歯みがき粉をつけて歯を磨いているシーンが流れます。 このブログでも何度かふれたこともありますが、あらためて断言させていただき…

30年後|あなたの歯が何本残っているかの調べ方

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 こんなこと、もしもあなたがいま20代や30代であれば、考えたこともないかもしれません。 いえ、40代、下手したら50代であっても、同じようなものかもしれません。 どんなことかというと、 「このままい…

歯科医院でも使ってる歯磨き粉「ジェルコートF」で自宅で効果的に口腔ケアする方法

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 ネット環境が発達したことで、便利になったことってたくさんありますよね。 知りたい情報をすぐ手に入れることができたり、クリック一つで翌日には欲しいものが家の玄関まで届いたりするようになりました。 そ…

ガムが効く|不安・ストレスの効果的な解消法

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 これまでもこのブログでは「虫歯予防」や「初期虫歯を治す」ことができるという面から、ほんとうに歯にいいガムを紹介してきました。 歯科衛生士おすすめ【初期虫歯を治し予防する方法】はガム「POs-Ca(ポスカ…

「なぜか風邪をひきやすい」方は朝起きてすぐ歯磨きすればいいですよ

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 冬の乾燥による風邪はもちろんですが、「夏カゼ」といわれる風邪や、季節の変わり目になるとひきやすい風邪など、 けっきょく風邪をひく危険性って、一年を通して、常にそばにあるといっても過言ではないですよ…

ステファンカーブを知って虫歯にならない方法を実践しよう

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 昔は、学校の先生や親から「食べたらすぐに歯を磨きましょう」なんて言われたものです。 時代がすすみ、研究によっていろいろなことが分かってくると、「食べたらすぐに歯をみがく」は必ずしも正しくないことが…

【第一印象】あなたの「歯」はこんなに見られています。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 学生時代の友人から聞いて、今でも忘れられない話があります。 その友人はある食品メーカーで働いていたのですが、ある日オフィスに業務用のコピー機を紹介しに営業の方が来たそうです。 門前払いにするのも…と…

【衛生士おすすめ】ガム好きじゃなくても噛むべき歯にいいガムは「POs-Ca(ポスカ)」です

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 あなたはガムが好きですか? じつは世の中のガムには「歯にいいガム」と「そうでないガム」の2種類しかありません。 そして、「歯にいいガム」について言えば 「ガムが好きな人は、せっかくなら歯にいいガムを…

歯科衛生士が教える|マウスピースの正しい洗い方

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 ストレス社会だからでしょうか。 わたしの働く歯科医院には、一定の間隔で、夜寝ている間の「歯の食いしばり」「歯ぎしり」に悩む患者さんがいらっしゃいます。 そういうわたしも、下の歯の内側に「骨隆起」と…

子どもの歯磨きはいつから?歯科衛生士がズバリお答えします

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 子どもがうまれると、これまで考えたこともなかった疑問が次々とわいてきたりしますよね。 たとえば、 いつから外出していいの? 髪の毛って、いつから生えてくるんだろう 帰省したいけど、飛行機って乗れるん…

歯科衛生士でも、やっぱりこわい歯医者さん

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしは歯科衛生士ですので、自分の口腔内の状態はだいたい把握できているのですが、勉強なども兼ねて、定期的な検診としてなじみのない歯医者さんにいってみたりしています(^^) そうすると、 (歯科衛生士と…

歯みがきを嫌がる子どもに|これで完璧!な3つの方法とテクニック

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 子どもって、歯みがきするの嫌がりますよね…。 ふだん歯科医院で働いていて、子どもを連れてこられたママさんの一番のストレスは「歯みがきをイヤがってしてくれないこと」という方がすごく多いです。 「歯みが…

歯科衛生士が教える|赤ちゃんでも安心な歯みがき粉の選び方

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 以前の記事でも紹介しましたが、近年、口腔環境が全身の健康にあたえる影響の大きさが知られるようになってきて 特に歯が痛くなくても、純粋に定期検診の時期だからと歯科医院へ来られる患者さんが増えてきまし…

歯の定期検診に行ってるから安心、ではない証拠。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 近年、歯の大切さへの理解がすすむとともに、定期的なチェックの必要性が広く知られてきたことで、歯医者さんで行う「定期検診」やプロフェッショナルケアである「PMTC」を受けている方の数は増えてきています…

口がネバネバする|口腔乾燥症(ドライマウス)について歯科衛生士がくわしく説明します

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」というよりも「ドライマウス」という言葉の方が聞きなじみがあるかもしれませんね。 口腔乾燥症(ドライマウス)というのは、要は口の中の唾液分泌量が減ってしまうこ…

フロス・歯間ブラシが臭いなら。まずお読みください。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 先日、このブログにお越しいただいた方々のきっかけとなった検索キーワードを調べていたところ、けっこうな数の方が「フロス におい」とか「フロス くさい」「歯間ブラシ 臭う」といった単語で検索されているこ…

【要注意】オーバーブラッシング(歯の磨きすぎ)について詳しく説明します。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 最近は歯の健康が全身の健康と直結しているというデータがたくさん出てきていることもあって、歯みがきに熱心な方が増えてきています。 ですが、その熱心さが仇となり、歯ぐきが下がってしまうなどの悪影響が出…

「歯ぎしり・食いしばり」はこわい。原因を知って早めに対策を!

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 朝起きるとなぜかアゴが痛い、あごの骨のあたりがジーンと重たい感じがする、奥歯が浮いたような感じがする、歯がしみる…… こんな症状ありませんか? 原因は睡眠中の「歯ぎしり」「食いしばり」であることがと…

歯科衛生士はどんな歯みがきグッズを使っているのか、お教えしちゃうよ。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 これまでこのブログ「ママは歯科衛生士」では、常識だと思っていた歯みがきの習慣でもじっさいは間違っているんですよということをお伝えしたり、オススメの歯みがきグッズの紹介などをしてきました。 今回は、…

防災グッズには、歯ブラシよりも【フロスとマウスウォッシュ】を用意してください

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 みなさんは、防災グッズの準備はされていますか? そういえば数年前に用意したっきり、最近ぜんぜん見直してなかったーなんて方も多いのではないでしょうか。 防災グッズに何を入れたらいいのか…地震の多い日本…

矯正中でもおいしく食べたい!|歯の矯正中または矯正治療を考えている方の食べもの

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 現在歯の矯正中の方。または、いま矯正治療をお考えの方。 矯正の治療後は、見た目はもちろん、お口の噛み合わせもすっかり変わって、ちょっとしたプチ整形並みにあなたの印象はかわります☆ 笑顔に自信が持てて…

最高のフロスはこれ!歯科衛生士が使ってる超おすすめフロアフロス

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 「あなたは虫歯や歯周病にならないために何をしてますか?」 この質問に多くの方は「歯みがき!」と答えると思います。 「では、歯みがきには何を使っていますか?」と聞くと 「歯ブラシ!…っていうか、ほかに…

インプラントを迷っているあなたへ|歯科衛生士からのアドバイス

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしが歯科衛生士になってはじめに就職したのは、関西にある「◯◯◯インプラントセンター」というところでした。 そこはインプラントセンターというだけに、毎日のようにインプラントのオペがあり、また1度に…

残念ながら歯の治療が「保険診療で十分」とはいえない理由。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 ケガや病気をしても、3割負担でお医者さんに診てもらえる。(小さい子どもや高齢者はさらに低い自己負担で可能だったりもします) この日本の健康保険制度ってほんとうに優れたシステムだと思います。 ですが…

成人のほとんどが虫歯になっている「6歳臼歯」を虫歯にしないためにできること。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わが家の上の子どもは現在6才です。 ちょうど先月くらいから、右下の奥にちょこっと6歳臼歯のあたまが見えてきました。 やっぱり6歳臼歯は6歳になったら生えてくるんだ〜と、ちょっと感激しました (^^) 6…

どうしても自宅で簡単に歯を白くしたいなら「ホワイトニングテープ」一択です|歯のホワイトニング

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 「歯を白くしたい」と思っている方はとても多いです。 歯を白くすることを「ホワイトニング」といいますが、以前このブログでもその方法についてくわしく書きました。 【関連記事】歯を白くする!歯科衛生士が…

きれいな歯並びかどうかは、遺伝で決まっちゃう?

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 とつぜんですが、「優性遺伝」と「劣性遺伝」という言葉をご存知ですか? 親からの遺伝を受け継ぎやすい性質を「優性遺伝」。逆に受け継ぎにくい性質のことを「劣性遺伝」といいます。 たとえば、 二重まぶたと…

要するに、口って排水溝なんだよって話

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 食事会や飲み会で帰りが遅くなった夜、「もうめんどくさい!」ってなって歯みがきをせずに寝てしまったことがある人は、けっこういるのではないでしょうか。 わたしも、歯科衛生士になった今でこそそんなことは…

そりゃあ、スタバのフラペチーノ好きには虫歯が多いはずですわ。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしの働く歯科医院には、一日に(曜日によってバラツキはありますが)2〜3人ぐらいの若い女性が来院されます。 女子高生、女子大生といった世代です。 彼女たちはまだ若いので、比較的歯肉(歯ぐき)は引…

「とりあえずこの歯だけ治してくれればいいから!」と思って歯医者に行っているでしょう?

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 思っているだけならいいんです。 あ、タイトルの言葉のことです。 「とりあえず(いま痛んでる)この歯だけ治してくれればいいですから!」 思っているだけならいいのですが、じっさいに歯科医院のチェアに座っ…

舌は絶対磨かないでください|舌ブラシの使い方・効果

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 歯ブラシやフロス、歯間ブラシにワンタフトブラシなど、口腔内をきれいに保つために有効な道具があります。 これらはそれぞれに得意分野をもち、用途に合わせて使うことでとても効果的・効率的にお口をケアする…

【2017年】歯科衛生士が電動歯ブラシに「ドルツ」をおすすめする理由を全力で語らせて。

※この記事は平成29年7月12日に更新しています。 こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 何年か前から「電動歯ブラシがアツいなぁ」とひしひしと感じています。 ふだん歯科医院で働いていても、どんなに指導させていただいても磨き残しが多かったり、…

歯ぐきから血がでるあなたへ|歯科医・歯科衛生士はあなたの「歯肉」を見ています

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 お口のケアというと、真っ先に頭にうかぶのは「歯みがき」だと思います。 そして「歯みがき」というぐらいですから、どうしても「歯」ばかりに意識がいってしまいがちなのですが、 口腔ケアでは歯の健康状態と…

とりあえず今、口臭をなくしたい!|口臭を一時的に抑える効果的な方法

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 口臭については、これまでいくつかの記事を書きました。 根本解決には歯みがき、歯間ブラシ、フロスといった王道のケアが口臭にはもっとも効果があります。 【関連記事】「日本人は口臭がキツイ」「口がくさい…

【2017最新】ジェットウォッシャードルツは買い?|歯科衛生士が詳しくレビューする

※この記事は2017年5月5日に更新しています。2017年3月発売の最新機種については記事最下部に追記しました。 こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしが働いている歯科医院の患者さんの中に、歯間ブラシやデンタルフロスを使うのがどうも苦手で、…

電動歯ブラシ派も手磨き派も|歯垢染色剤で効果的な歯みがきを

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしが働いている歯科医院に来られる患者さんのうち、だいたい2割弱程度は定期検診のために来院されます。 そして定期検診の方に対しては、「あること」をさせていただくことが多いのですが、これが患者さん…

【はじめての歯医者】子どもの「歯医者デビュー」を成功させる7つのポイント

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 歯科医院で働いていると、お子さんを初めて歯医者に連れてくるお父さん・お母さんとお話しをする機会があります。 まだ虫歯のない段階で、予防のための検診やフッ素の塗布を目的として来院される意識の高い方も…

【虫歯の原因】スポーツドリンクが健康的な飲み物でない理由

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 なんとなく、わたしの勝手なイメージなのかもしれませんが… 男性ってスポーツドリンクが好きですよね (^^) わたしの夫もその例に漏れず、お風呂あがりや夏の暑い日など、なにかにつけてスポーツドリンクを飲ん…

【口臭対策】朝食を食べてない日のあなたの口は、臭っています。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 以前、朝の歯磨きは朝食後ではなく「起きてすぐ」にしましょう。という記事を書きました。 www.mama-eiseishi.co ようするに、虫歯や歯周病の原因となったり、心臓や脳神経の疾患にも関係する細菌(歯垢)は、…

ていうか、そもそも歯ブラシが雑菌だらけという盲点|歯ブラシの交換時期と頻度

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 先日、歯ブラシに関するこんなアンケート結果を目にして驚いてしまいました。 20~60代の男女597人に、歯ブラシの交換頻度について尋ねたもので、結果は以下のとおりです。 出典:http://www.excite.co.jp/News…

「日本人は口臭がキツイ」「口がくさい」と海外から認識されている件。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしは海外旅行が好きで、とくにアジアの国には定期的に遊びにいくのですが、その度にいつも感じることがあります。 「こっちの人はみんな歯がキレイだなぁ」 ということです。 陽に焼けた浅黒い肌とのコント…

【決定】歯科衛生士おすすめ歯みがき粉はこの4つ|虫歯・歯周病・ホワイトニング・知覚過敏

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 あなたは、今使っている歯みがき粉をどんなポイントで選びましたか? ドラッグストアの歯みがき粉売り場には、カラフルな歯みがき粉が所狭しとならんでいます。「歯が白くなる」とか「ミントフレーバーでお口ス…

意外だけど、実は歯に良くない食べものを3つあげてみる。

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 子どもが赤ちゃんのころであれば、歯に悪い食べ物は「与えないようにする」ことで、できるだけ口に入れないようにすることもできますが 保育園、幼稚園、小学校など集団で生活する機会がふえてくるとなかなかそ…

【歯ブラシより大事】絶対おすすめワンタフトブラシの選び方とその効果

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。 わたしが働いている歯科医院に定期的にくる患者さんに、歯ブラシの使い方があまり上手ではない方がいらっしゃいました。 その方は、ご自身のお父さまが総入れ歯になって以降、身体の能力がみるみる下がっていく…