ママは歯科衛生士

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

舌のコケと書いて「舌苔」。あなたの口臭、大丈夫ですか?

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

みなさん、今日はまず一度、ご自分の舌を鏡で見てみてください。

 

 

どうですか?

 

 

うっすらっぽい? それともピンク? もしかしたら黄色だっていう方もいるかもしれません。

 

 

舌は体の状態によって変化します。病気の兆候などもあらわしたりしますので、漢方では「舌診(ぜっしん)」といって舌の状態で その方の身体の状態を診断したりしますよね。

 

 

そんな舌にできる、ペースト状の物質。これが「舌苔」です。

 

 

放っておくと口臭の原因になったりするので、最近とくに気にされる方が増えてきています。わたしの働く歯科医院でも、歯の治療のついでに舌苔のそうじの方法などを質問される方も多いんですよ。

 

 

今回はその「舌苔」についてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

舌苔とはなにか? 

舌苔は、口にある以下の3つのものからできています。

  • 口の中にすむ細菌(虫歯菌、歯周病菌など)
  • 人の細胞 (体の皮膚と同じで、古いものがはがれたもの)
  • 食べもののカス

 

舌苔は、舌の真ん中あたりに白く均一に、そしてうすーくついている程度が正常な状態です。舌の色は、みずみずしいピンク色がよいとされています。

 

舌苔は、なぜできる?

唾液が何らかの原因で減っていることからできるのです。

 

 

じつは唾液というのはとても優れもので、虫歯を予防する働きのほか、舌苔の原因となる「細菌」「古い細胞」「食べもののカス」を洗い流してくれる役割があるんです。

 

その唾液がなんらかの原因で減ってしまうと、舌苔が増えてしまいます。

 

唾液が減る原因 

ストレス

ストレスは唾液の分泌を減少させます。

仕事が忙しいときやストレスがかかる場面で、そ人の口臭が気になったりした方はいませんか? それはストレスによって、唾液の分泌が減少したことで発生した口臭の可能性が高いです。

 

服用している薬

薬の副作用で唾液の分泌が減ることがあります。(高血圧、花粉症、精神疾患、抗がん剤などのくすりが代表的です。)

 

口呼吸 

口で息をしていると口の中が乾いてしまいます。このことにより、舌の汚れが乾燥してこびりつき定着してしまいます。

 

睡眠

「睡眠不足」ではありませんので注意してください。

寝ている間は唾液の分泌が減少します。舌や頬の筋肉の動きも少なくなるので、唾液が分泌されにくい環境になるんです。(起きぬけに口臭がすることがあるのはこのためです><

 

よく噛んでものを食べない

よく噛まないことが日常化すると、唾液腺の働きが衰えてくるからです。

 

そのほかにも…

放射線治療の後遺症であったり、抗生物質なども唾液減少の原因となります。抗生物質は「細菌」には有効な薬ですが、カビなどの「真菌」には効かないので口の中のガンジダ菌が増えて、これも舌苔のできる原因になったりするのです。

 

 

このように、日常のさまざまな場面に唾液が少なくなる原因はひそんでいます

 

 

ではどうやったら唾液を増やすことができるのでしょうか。

ここからは唾液を増やす方法をお話ししますね。

 

スポンサーリンク

 

 

唾液を増やす方法

ストレスをじょうずに発散する

ストレスの発散方法は人それぞれですが、運動や最近注目されている瞑想などもいいですね。

 

唾液腺のマッサージ

 

耳下腺(じかせん)

 

だ液腺マッサージ | はじめよう!やってみよう! 口腔ケアより引用。

 

よく噛む 

よく噛むことで唾液腺を刺激し、唾液の分泌をうながすことができます。ガムを噛むのも唾液の分泌という面でとても有効です!

 

口呼吸への対策

鼻炎などの治療をすることもひとつです。

 

人工唾液

これはお医者さんへの相談が必要ですが、病気やガンの放射線治療が原因で唾液の分泌が少なくなっている方は、人工唾液をつかうという手もあります。 

 

 

以上のように、 唾液の分泌を意識していれば普通に生活しながらでもある程度の舌苔は洗い流すことができます

 

ですが、さらにその上の舌苔ケアをお望みの方にはぜひやってもらいたいことがあるんです。

それは舌をやさし〜く掃除すること!です。

 

舌をやさしく掃除する

専用の舌ブラシというものが薬局で売っています。

これを使って掃除してください。

 

 

歯を磨く前に、鏡を見ながら舌ブラシでやさしく、やさしーくなでるように10回程度こすります。

 

 

するとブラシに白っぽい、クリーム色っぽい汚れがついてくると思います。そのあとうがいをして普段どおり歯磨きをすればOKです!口の中がすっきりすると思います。また口臭も軽減されます。

 

 

大事なところなのでくりかえしますが、この舌を掃除する上でのポイントは「やさしく、なでるように」という部分です。

 

 

舌はとてもデリケートな組織です。力を入れて磨いてしまうことで逆に組織を壊し、口臭を悪化させることもあります。あくまでも「やさしく、なでるように」するだけです。回数も1日1回で十分です。

 

 

このポイントを頭に入れて、ぜひ今日から実践してみてください^^

 

 

【あわせてどうぞ】

www.mama-eiseishi.com

www.mama-eiseishi.com

www.mama-eiseishi.com

 

 

スポンサーリンク