ママは歯科衛生士

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

「いつもの」を頼む男、「今日の気分は…」で選ぶ女。

 

f:id:mama-eiseishi:20161203212206j:plain

 

わたしの夫は一度何かを気に入ると、飽きるまでずーっとそれを選びつづけます。

 

たとえば食べもの。

あるときはナタデココのおいしさにハマり、来る日も来る日も食後のおたのしみにナタデココを食べ続けていました。(テーブルにイカの刺身を並べた日でさえも!(・ω・) )

 

またあるときは「なめ茸」にハマり、白ごはんのお供に毎夜毎夜、ビンからすくったなめ茸をかけて食べていたこともあります。(空になったビンが台所のすみに何本も並んだ光景を見て、なぜかグッタリしたことを思い出します。。。)

 

外に食べに行っても同じです。

夫はお気に入りのメニューを、そればかり何度も何度も注文するんです。で、そのうち店の人もそれを覚えてしまって「いつものでいいですか」なんて言っちゃって。またそれに「はい。いつもので」なんて乗っかっちゃったりして。(なんだよそれ)

 

 

たまには違うのも頼んでみたら?

 

 

そう問うても「いや、コレを食べに来たんだからコレじゃなきゃ意味がない」みたいな回答なわけです。

 

 

で、ある日のこと。

 

「ふうん、別にいいんだけどさ。でもなんていうか、もっと世界を広げたいとか思わないの? 食べたことないメニューでもっとおいしいものとか、あるかもしれないじゃん」

 

こう問うと、こんな答えが返ってきたんです。

 

「世界を広げるとか言ってるけど、それってブレてるだけなんでは? けっきょく広く浅くで終わっちゃって、深いとこまでいけてないじゃん

 

 

はあ? ブレてる?

 

っていうか、

 

ふかいとこ??

 

…どこですかソコ。 精神世界系のお話ですか?

ごはん食べるたび「ふかいとこ」いって毎回無事帰ってきてるってわけですか?

 

 

(男ってなんでこうなんだろー。)

とおもった瞬間、でもふと気がついたことがあったんです。

 

 

男の人のなかでも、

  • ひとつのメニューを頼み続ける「一点突破型」(夫がこちらです)
  • すべてのメニュー制覇に挑む「コレクター気質型」

の2パターンに分かれるな、と。

 

どうですか?

まわりを見渡してみてください。

この2パターンのどちらかに当てはまる男性が多いと思いませんか?

 

そしてこの2パターンなんですが、じつはある点で共通している部分があると思うんです。

 

それはどちらも「目的をもって行動している」感があるということです。つまり男って「目的思考型」なんだなあ、と気づいたんです。

 

 

それに対し女はと言うと、

「今日は◯◯な気分〜〜」ってかんじで、かるーい具合で決めたりします。言うなれば、こちらは「感情先行型」なんですよね。

 

女のひとで、いっつも同じものばかり食べて「ふかいとこ」に行こうとしている人や、逆にこの店のメニューを全部制覇してやろう的なコレクター型、みたいな人ってあんまり見かけない気がします。

 

 

男は目的思考型。

女は感情先行型。

 

 

男女の違いってほんとにいろいろあると思うんですが、「違うこと前提」でいるとムダに消耗せずにお互いハッピーでいられるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

*****************

 

 

そろそろお風呂をためる準備に戻りたいと思います。

 

さいきんの夫は、お風呂のお湯に「クナイプ(KNEIPP)」のバスソルトをいれて入浴するのにハマっているようです。あまり深くまで行って溺れないようにしてもらいたいものです。

 

 

 

 

本業は歯科衛生士やってます▽

いい歯医者の選び方。あなたの行ってる歯医者はどうですか? 

歯科衛生士が自信をもって教える「歯の正しい磨き方」【保存版】

もう二度と虫歯になりたくない人へ。虫歯にならない方法 

 

こんな記事も書いてます▽

いま君に必要なのは薬じゃなくて、ダンスだ! 

仕事をやめようと決心した朝のこと 

ホリエモン著「むだ死にしない技術」を歯科衛生士のわたしが読んでみた。検証と感想。

 

 

f:id:mama-eiseishi:20161203212917j:plain