ママは歯科衛生士

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

【裏ワザ】ほぼ0円で歯の着色汚れを落とす方法

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

今日はデート ♪ 

 

 

と、うきうきした気持ちで身支度をし、鏡をのぞきこんだら自分の歯に着色汚れが……( ゚д゚ )彡

 

 

なんて、こんな経験ありませんか。

 

 

もしかしたら、歯がなんとなくくすんで見えたり、茶色っぽくなっていることに気づいても、それが着色汚れだと気づいていない方もいるかもしれません。

 

 

こんなとき、家にあるものだけで応急処置的に着色汚れ(「ステイン」と言ったりもします)を落とすことができる場合があるんですよ。

 

 

今回はその方法を紹介しますね (^^)

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

着色汚れとは 

 

着色汚れにはおおきく分けて2つの種類があります。

 

  1. 歯の表面についた着色汚れ
  2. 歯の内部まで色素が沈着した着色汚れ

 

の2つです。

 

 

このうち、2の「歯の内部まで色素が沈着した着色汚れ」については、残念ながら個人で白くすることはできません

 

 

これについては歯医者さんでホワイトニングという処置をしてもらう必要があるんです。

 

 

歯医者さんで行うホワイトニングについては以下の記事でくわしく説明していますので、興味がある方はご覧ください。

【関連記事】歯を白くする!歯科衛生士が歯のホワイトニングについて説明します。 - ママは歯科衛生士

 

 

今回お話しするのは、1の「歯の表面についた着色汚れ」についてです。

 

 

着色汚れがつきやすい食べもの、飲みもの

 

 着色汚れがつきやすい食品等にはこんなものがあります。

 

  • 食べもの(カレー、ブルーベリー、イカスミ)
  • 飲みもの(コーヒー、赤ワイン、紅茶、緑茶、ウーロン茶)
  • タバコ
  • うがい薬のイソジン

 

 やっぱりどれも基本的に色の濃いものが多いですね。

 

 

この中でも、ブルーベリーやイカスミなど、食べものについては毎日まいにち頻繁に口にするモノではないので、じつは着色への影響って少ないんですが

 

 

コーヒーや紅茶など、飲みものは一日に何度も口にするので着色汚れの原因になりやすいです。(飲みものではありませんがタバコも影響大です!)

 

 

着色汚れを落とす方法

 

それでは、具体的な落とし方を説明します。

 

材料

このふたつだけです。

 

  • 研磨剤入り歯みがき粉 : ほんとーに少々
  • 綿棒 : 数本

 

※市販されている歯みがき粉のほとんどに「研磨剤」は含まれています。 

 

 

やり方

 

  1. 綿棒の先に、歯みがき粉をチョンっとつける
  2. 歯の着色汚れがある面をすこしだけ力を入れてこする

 

以上です (^^)

綿棒の先に汚れがついてるのが確認できると思います。

 

 

注意事項

 

あくまでも応急処置的に着色汚れを落とす場合のやり方です。

毎日やると歯面を傷つけたりするのでオススメできませんよ〜 ><

 

また、かなりしつこくこびりついたような汚れやタバコのヤニなどには、なかなか効果がでないこともあります。

 

ですがコーヒーやお茶などの軽度の汚れなら、これだけでけっこうキレイに落ちてくれますよ (^^)

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ 

 

先日、インドカレー屋にいって飲んだ「チャイ」がとてもおいしくてハマってしまい、家でも飲んでいたら…

 

やっぱりステインの原因になっちゃいました ^^;

 

 

それ以降わたし自身も意識していますが 

着色汚れを防ぐためには、飲食後に水を飲む習慣をつけるといいと思います。

 

 

シンプルですが、そもそも着色汚れ自体が「ちりも積もれば…」的にできるものですので、その都度水で洗い流すだけで全然ちがいます。

 

 

綿棒に歯みがき粉をチョン、とあわせて参考にしていただければとおもいます ^^

 

 

【あわせてどうぞ】

 歯のあれこれ▽

mama-eiseishi.hatenablog.com

mama-eiseishi.hatenablog.com

ひとりごと▽

mama-eiseishi.hatenablog.com

プロフィールです▽

mama-eiseishi.hatenablog.com

 

f:id:mama-eiseishi:20161219213154j:plain