ママは歯科衛生士

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

昼休みに歯みがきしてはいけない|歯科衛生士が教える正しいケアの方法

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

あなたは昼食後、歯をみがく習慣がありますか

 

 

22歳から34歳の働く女性を対象に、マイナビウーマンが2015年8月にWebアンケートを実施しました。

 

 

その結果は以下のとおりです。

 

 

磨く  :64.5%

磨かない:35.5%

https://woman.mynavi.jp/article/150924-31/より)

 

 

磨く方が6割以上いるんですね。

 

 

清潔感や身だしなみに対する意識の高まりにともない、口臭やエチケット、歯を磨く事によるスッキリ感を求めてというのが理由のほとんどのようなのですが

 

 

近年わかってきた歯みがきにまつわる新たな知見に照らしてみてみると、この昼休み(ランチを食べてすぐ)の歯みがきには弊害があることが知られるようになってきているんです。

 

 

今回は、そんな昼休みの歯みがきについてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

そもそも、どうして歯みがきをするの?

 

このブログでも何度かお話ししていますが、とても大切なことなので何回でも確認させていただきます。

 

 

歯みがきの目的は

虫歯や歯周病にならないために「細菌のかたまり」である歯垢(プラーク)をとりのぞくことです。

 

 

誤解をしている方も多いのですが、食後に歯と歯の間にはさまった「食べかす」をとりのぞくことではないということをまず理解していただきたいと思います。

 

 

虫歯や歯周病の原因となるのは「食後の食べかす」ではなく「歯垢(プラーク)」なんです。プラークは細菌のかたまりです。

 

 

(最近ではテレビのCMなどでも「プラークコントロール」といった言葉が宣伝されていますので、プラークという言葉自体は聞いたことがある方も多いと思うのですが、それが「食べかす」とは違い、「細菌のかたまり」なんだという認識はあまりないのではないでしょうか。)

 

 

そしてこの歯垢(プラーク)ですが、ものを食べてから歯につくられるまで約24時間の時間がかかることがわかっています。

 

 

つまり、食後すぐに歯垢(プラーク)ができるわけではないのです。

 

 

ですから、歯みがき本来の目的である「歯垢(プラーク)を取り除く」という意味においてはランチ後の歯みがきは的を得ていないことがまずお分かりいただけると思います。

 

 

むしろ弊害が指摘されている

 

ほとんどの方にとってランチの時間は1時間程度ですよね。

 

 

その1時間のなかで歯を磨くとなると、必然的に食後間もない時間で歯を磨きはじめているというのが現状だと思います。

 

 

この点から見たとき、昼食後の歯みがきにはいくつかの弊害があるんです。

 

 

唾液の力を活かすことができない

 

唾液には「洗浄作用」「再石灰化促進」「脱灰防止」など他にもたくさんのはたらきがあります。

(唾液のはたらきについては以下の記事でくわしく説明していますので、興味のある方はぜひご覧ください。)

【関連記事:あなたの知らない唾液のはたらき 

 

 

とっても頼りになる唾液ですが、じつは食後すぐの時間帯が質・量ともにもっとも効果的なのです。

 

 

にもかかわらず、歯みがきをすることでその唾液を歯みがき粉と一緒に外へ吐き出してしまうことになり、唾液の恩恵を受けることができなくなってしまいます。

 

 

昼休みに歯を磨く方の中で、午後になると口が渇くなあ…と感じる方はいませんか?

 

 

これは食後すぐの良質な唾液を吐き出してしまっていることによる悪影響が原因の恐れがあるんです。くわえて、唾液が減少していることで口臭も発生しやすいんですよ。。

 

 

(この時間帯の唾液の力を利用するため、海外では食後にガムを噛む習慣が根付いているんです。)

 

 

歯が削られてしまう 

 

弊害の2つめは「歯が削られてしまう」です。

 

 

歯は、砂糖を代表とする糖質を含む飲食をしたあと、カルシウムやリン酸といったミネラルが溶け出した状態になっているのです。「溶け出した状態」をもっとわかりやすく言うと「やわらかくなっている」と言い換えることもできます。

 

【関連記事:歯科衛生士が教える|虫歯にならない科学的な方法 

 

 

そんなやわらかくなっている状態の歯に対して歯磨きをすることは、歯の表面のエナメル質を削っていることに他ならず、知覚過敏の原因にもなってしまいます。

 

 

まして市販されている多くの歯みがき粉には「研磨剤」とよばれる、歯の表面を削って汚れを落とす成分が入っていますので、やわらかくなっている歯に与えるダメージは見過ごせないレベルになります。

 

 

****************** 

 

 

以上、昼休みに歯みがきをすることによる、おおきな2つの弊害を説明しました。

 

 

それでも、ランチを食べた後の歯をそのままで午後の仕事をはじめるのには抵抗があるという方も多いと思います。

 

 

ではどうしたらいいのか。

 

 

次に昼食後にするべき歯のケアについてお話ししたいと思います。

 

 

昼食後にするべき歯のケアとは

 

食事をすると、どうしても歯の間に「食べかす」がつまることがありますよね。

 

 

昼食後に歯を磨く方の多くはこの食べかすを気にされているのだと思いますが、食べかすを取り除くのには歯みがきよりずっとふさわしい道具があります。

 

 

デンタルフロスをつかう

 

フロスを使って食べかすを取り除いてください。(もちろん、フロスは付着している歯垢も取り除くことができます。)

 

 

フロスを使って歯と歯の間をきれいにすることで「唾液の通り道」をつくることができます。

 

 

これにより、歯ブラシによって歯を傷つけることなく食べかすや歯垢を取り除けるだけでなく、食後すぐの豊かな唾液の力を存分に利用することができるんです。 

 

 

アメリカには「フロス or DIE(死)」という言葉もあります。

 

 

フロスをしますか? それとも死を選びますか? という意味ですね。

 

 

じっさいにフロスをしないことが死に直結するかどうかは別としても、それほどフロスの有用性が認められているということです。

 

 

みなさんもこれからは「昼食後は歯みがきではなくフロス」でお口のケアを行ってみてください!

 

 

むしろ歯ブラシより歯垢がよく取れるので、続けているともうフロスが手放せなくなりますよ〜^ ^

 

 

わたしが歯科衛生士として働く歯科医院でも使っていて、間違いなくみなさんにおすすめできるフロスについては、以下の記事でくわしく説明しています。

【関連記事】違いを感じるフロス|歯科衛生士が使ってる超おすすめフロアフロス 

 

 

ガムを噛む

 

フロスで食べかすや歯垢を取り除き、唾液の力を存分に活かせる状態をつくったら、さいごにぜひやっていただきたいことがあります。

 

 

それは本当に歯に良いガムを噛むことです。

 

 

「本当に歯に良いガム」を噛むことで、ガムを噛む事による唾液のはたらきに加え、虫歯の予防や、初期虫歯であれば治すこともできてしまうという、味の美味しさもあわせれば一石三鳥にもなる効果が期待できるんです!

 

 

ガムを噛むだけですから、ランチを食べ終えたあとでも手軽にできるというハードルの低さも魅力です。

 

 

わたしがもっともオススメするのは、その効果が国にも認められ特定保健食品(いわゆる「トクホ」)にも認定されている「POs-Ca(ポスカ)」というガムです。

 

 

街のドラッグストアなどで一般的に売られている砂糖入りのガムとは一線を画す効果があります。

 

 

POs-Ca(ポスカ)」というガムのすごさについては、以下の記事でくわしく説明していますので、虫歯を絶対予防したい、初期虫歯を美味しく治してしまいたいという方はぜひご覧くださいね。

歯科衛生士おすすめ【初期虫歯を治し予防する方法】はガム「POs-Ca(ポスカ)」を噛むこと

 

 

まとめ

 

以上のように、昼食後の歯のケアは「フロス」+「本当に歯に良いガム(POs-Ca)」でカンペキです。

 

 

この習慣を2〜3週間ぐらい続けていただくと、あきらかに自分の歯の状態が変化していることに気づくことができます。

 

 

フロスを習慣にすることで口の中はスッキリしますし、ガム「POs-Ca(ポスカ)」を噛むことで初期虫歯を治しながら、日頃の歯のツルツル感がすごく長続きさせることができます

 

 

試していただくと、必ずこの効果に驚かれると思いますのでぜひ実践してみてくださいね (^^)

 

www.mama-eiseishi.com

 

 

 

f:id:mama-eiseishi:20170111233808j:plain

スポンサーリンク