ママは歯科衛生士

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

矯正中でもおいしく食べたい!|歯の矯正中または矯正治療を考えている方の食べもの

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

現在歯の矯正中の方。または、いま矯正治療をお考えの方。

 

 

矯正の治療後は、見た目はもちろん、お口の噛み合わせもすっかり変わって、ちょっとしたプチ整形並みにあなたの印象はかわります☆

 

 

笑顔に自信が持てて、これまでコンプレックスから口を手で隠して笑っていた方は、思いっきり ”ニコっ” っと微笑むことができるようにもなるでしょう。

 

 

笑顔が増えて、性格も明るくかわってしまうかもしれません。人生までも変わるかも (^^)

 

  

とはいえ、矯正中のストレスというのはかなりのものです……

 

 

わたしも矯正の経験者ですが、

 

  • 矯正器具の見た目が気になる
  • ものが食べにくい
  • とにかく痛い
  • 歯が磨きにくい

 

4重苦といっても過言ではありません (>ω<)

 

 

忙しい日々を送っているわたしたちにとって、この状態が1年〜3年位つづくというのは、なかなか厳しい現実です。。

 

 

このストレスをすこしでも軽減できたら…ということで、今回は「矯正中の食べもの」についてお話してみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

矯正中のストレス

 

 

さきほども書きましたが、矯正中というのはワイヤーが張り巡らされるなどして(当然ですが)口の中が不自然な状態になります。

 

 

そして、歯の位置を無理やり動かしているわけですから、やっぱり痛いです!

 

 

とくに歯科医院でワイヤーを取り替えた後の数日などは、人によっては夜も寝られないほど痛んだりもします。

 

 

その痛みのせいで「食べたいのに食べられない」という、拷問に近い状態に陥りがちなわけですが、矯正中でも食べやすい食べものを知っておくことで、矯正中のストレスはずいぶん減らすことができますよ。

 

 

矯正中にオススメの食べもの

 

 歯の矯正中におすすめの食べものとしては

 

  • 茶碗蒸し
  • 焼きいも
  • おかゆ
  • ゼリー
  • バナナ
  • 豆腐
  • スープ(具を細かく刻んだポタージュ的なもの)
  • やわらかいパン
  • オムレツ(具を細かくして)
  • グラタン
  • リゾット
  • ハンバーグ

 

などなどが挙げられます。

 

 

わたしの経験なども踏まえて紹介していますが、書きながら気がついたのは「スプーンで食べられるもの」がほとんどですね。 

 

 

これらの他にも、食べやすさだけで言うと「アイス」や「プリン」「柔らかい系の甘いパン」なども口に入れたくなってしまうのですが

 

 

矯正装置というのはブラッシングがしずらく汚れが停滞しやすいことから、とても虫歯になりやすいです。

 

 

ですから、食べやすいからと言って「アイス」や「プリン」などにあまり手を出してしまうと虫歯になってしまいます。

 

 

せっかく歯並びを矯正しているのに虫歯になってしまっては本末転倒ですので、くれぐれも注意してくださいね。

 

 

そのほかにも…

 

わたしが働いている歯科医院の患者さんの中には、スーパーにあるすべての「レトルトのお粥」の種類を買い込み、毎日味を変えて食べているという方がいらっしゃいました。

 

 

そう語る姿は、つらいけど、どこか楽しそうにも見えて「自分で自分を楽しめる方へコントロールできる」姿勢がとても勉強になりました。

 

 

スープなんかも、いまはいろんな種類がありますから選ぶ楽しみもありますよね!

 

 

 矯正中にはおすすめしない食べもの

 

 

さきほど甘いものは注意してくださいと書きましたが(もちろん我慢しすぎてもストレスが溜まりますので、ほどほどなら大丈夫ですよ)

 

 

甘いものの他にも、矯正中には控えたほうがいい食べ物もあります。

 

 

カタイもの

矯正中は痛いのであまり食べたくはならないかと思いますが、おせんべいナッツ類などのカリカリっとしたものはブラケット装置が欠けてしまったり外れることがあるので避けてくださいね。

 

 

めん類

これはカタイもののように装置が外れたり欠けたりすることはないのですが、ワイヤにすごくひっかかってくっついてしまうので、外食だとすこし恥ずかしいかもしれません。

 

矯正中は、外食する場合にいつもより気を使わなくてはいけないのがちょっとツライところではあります。。

 

 

ワイヤに「くっついてしまうもの」

めん類もそうですが、もっと被害が大きくなるものがあります。

  • おもち
  • ガム
  • ソフトキャンディ
  • キャラメル

などです。

 

これらはただワイヤにくっつくだけでなく、ブラケット装置が外れる原因になったりするので要注意です。

 

 

まとめ

 

歯の矯正治療は長期間に及びます。(1年〜3年程度)

 

 

ですから矯正をしている時期に「思春期」「受験」「出産」「転職」など、人生のイベントが重なることもあります。

 

 

そういった時期は精神的にも不安定になりがちですので、できるだけ矯正によるストレスを最小限にできるような自分なりの方法をもっておくことが大切です。

 

 

口にする食べものを選ぶこともそのひとつだと思います。

 

 

治療後にキレイになったご自分の歯をイメージしながら乗り切っていただければと思います! (*^^*)

 

 

【あわせてどうぞ】

「日本人は口臭がキツイ」「口がくさい」と海外から認識されている件。

おいしいのに絶対虫歯にならないお菓子を紹介します。

朝の歯磨き「朝食後」にしていませんか? 正解は「起きてすぐ」! 

 

スポンサーリンク