ママは歯科衛生士

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

フロス・歯間ブラシが臭いなら。まずお読みください。

 

  

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

先日、このブログにお越しいただいた方々のきっかけとなった検索キーワードを調べていたところ、けっこうな数の方が「フロス におい」とか「フロス くさい」「歯間ブラシ 臭う」といった単語で検索されていることがわかりました。

 

 

「フロス・歯間ブラシって何?」という方はまずはこちらをご覧ください

【関連記事】「フロス」と「歯間ブラシ」どっちを使えばいいの? 歯科衛生士がくわしく説明します 

 

 

これを知って、

「そうだよねぇ。。最初はわたしもショックだったなあ」と、昔の自分自身を思い出したと同時に、「でもほとんどの場合、大丈夫ですよ!」と大声で励ましてあげたい気持ちになりました。

 

 

そんなことで今回はフロスや歯間ブラシで歯を掃除したときのニオイにショックを受けた方へ、ニオイの原因や対策についてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

みんなが通る道

 

 

まずはこれを声を大にして言わせてください。

 

 

「みんなそうだから安心してください!」

(ただし、後述しますがニオイの原因が歯周病の場合は早めの治療が望ましいです。)

 

 

というのも、わたしが歯科衛生士の専門学校へ通うことになって最初の授業だったと思うのですが

 

 

先生がわたしたち生徒にフロスを使わせて、そのニオイを嗅がせるという衝撃的な授業がありました。

 

 

もうウン年前のことになりますが、当時10代・20代の女性で日常的にフロスを使う習慣がある人の割合なんて、とても少ないものだったと思います。(残念ながら、今もたいして変わらないかもしれませんね。。)

 

 

そんなうら若き女子学生たちが、学校の教室でじぶんのフロスのにおいを嗅いでショックを受けている光景というのは、いまあらためて思い返してもなかなか衝撃的です ^^;

 

 

もちろん、先生の意図は

いくら歯ブラシをちゃんとしていても、それだけでは口の中の汚れはぜんぜんキレイにはなっていないのですよ」ということを生徒に自覚させることだったのだと思います。

 

 

先生の意図はしっかりと伝わりましたので、その授業は大成功だったということですね。

 

 

フロス・歯間ブラシのニオイの原因は?

 

さて、フロスや歯間ブラシを使ったときににおう「あのニオイ」の正体はいったい何なのでしょうか?

 

 

答えは大きく以下のどちらかと言えます。

 

 

歯垢(プラーク)がたんぱく質を分解したニオイ

 

フロスや歯間ブラシをしたら臭くてびっくりした!という方たちの多くはこれが原因だと言えると思います。

 

 

食事をすると、多かれ少なかれその食べかすが口の中に残りますよね。

 

 

おおくは唾液で洗い流されたり、歯みがきでキレイに除去されたりするのですが、「歯と歯の間につまった食べかす」や「歯ブラシが届かない場所に残った食べかす」などの一部はそのまま口の中に滞留することになります。

 

 

するとその食べかすに含まれるたんぱく質を、歯垢のなかにいる大量の細菌が分解することになるんですね。

 

 

その分解の際に発生するにおいが、あの臭いニオイの元ということなんです。

 

 

たんぱく質が菌によって分解されるニオイというのはなかなか刺激的で、たとえば肉や魚などに代表される生ゴミのニオイを想像していただくと分かりやすいかもしれません。

 

 

口の中で、生ゴミのニオイの発生と同様の反応がおきていると考えると、フロスや歯間ブラシをして感じるにおいの強烈さにも納得がいきますよね…。

 

 

歯周病によるにおい

 

もうひとつの原因は歯周病です。

 

 

歯周病になると、歯周病菌が歯の周囲組織(歯ぐきなど)で繁殖し「メチルメルカプタン」とよばれるガスを発生させるんです。

 

 

発生したガスが、フロスや歯間ブラシでかき出した歯垢や食べかすと一緒に放出されることで強烈なニオイを発生させます。

 

 

歯周病は悪化すると簡単に歯が抜けてしまう、糖尿病などの全身疾患にも影響を与えることもある恐ろしい病気ですが、くわえて悪臭も放つということで、全力で予防していただきたい病気のひとつです。

 

 

対策

 

対策としては、上記の2つのニオイの原因それぞれで違ってきます。

 

 

歯垢(プラーク)がたんぱく質を分解したニオイの場合

 

先ほどもお伝えしましたが、このニオイはフロスや歯間ブラシを習慣化してしばらくするとなくなることがほとんどです。

 

 

これまでフロスや歯間ブラシを使用していなかった場合に、これまでたまっていたニオイが一気に放たれたわけですから、

 

 

毎日歯垢や食べかすをキレイにするようになれば、自然とにおいもおさまってくるというわけです。

 

 

歯周病が原因の場合

 

しばらくフロスや歯間ブラシを使ってもニオイが消えなかったり、歯ぐきが退縮していたりといった外形上の異変がある場合は歯周病の可能性もあります。

 

 

歯周病は、さきほどもすこし触れましたが歯が抜けるといった症状から全身疾患まで、わたしたちの身体に大きな悪影響を及ぼしますので早めの対処が大切です。

 

 

初期の段階で処置を行えば、歯周病自体を改善させることもできます。ある程度すすんでしまうと、それ以上悪化させないようにていねいにケアをして付き合っていくという対応になります。

 

 

さいごに

 

フロスや歯間ブラシを使い始めるようになって、多くの方はまずはじめにその際に感じる「におい」に驚かれます。

 

 

自分の口臭ってこんなニオイがしていたのか…とショックを受けるんです。

 

 

ですが、歯周病が原因であるような強烈なにおいでなければ、そのにおいは一定距離以上にいる他人には伝わるものではありません。

 

 

必要以上にあせることなく、フロス・歯間ブラシの習慣を継続していただきスッキリサッパリした口腔環境を手に入れられることを願っています。

 

 

おすすめのフロス・歯間ブラシや、歯科衛生士が使ってる歯ブラシなどはこちら

違いを感じるフロス|歯科衛生士が使ってる超おすすめフロアフロス 

【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です 

歯科衛生士はどんな歯みがきグッズを使っているのか、お教えしちゃうよ。

 

スポンサーリンク