ママは歯科衛生士

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

意外と気づかないコーヒーアレルギー|コーヒー好きでもこんな症状の方は要注意

 

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

20代の頃はそれほど好きではなかったコーヒーですが、30歳を過ぎたある日にふと「飲んでみようかな」と思いたって以来、出勤前にスタバでコーヒーを飲むのが毎日の楽しみになりました。

 

 

ですが、それから数年たった今、その習慣はなくなりました。

 

 

理由はコーヒーアレルギーです。

 

 

今回は、コーヒーの味や香りが好きな方の中にもじつはたくさんいると言われている「コーヒーアレルギー」についてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の違い 

 

 

これ、わたし自身が理解していなかったのですが、「コーヒーアレルギー」と「カフェイン中毒」って別のものなんですよ。

 

 

まずはどちらかと言えばなじみのあるであろう「カフェイン中毒」から説明しますね。

 

 

カフェイン中毒とは

 

カフェインを摂取することで引き起こされる中毒症状のことです。

 

症状はおおきく分けて

  • 身体症状
  • 精神症状

のふたつがあります。

 

代表的な身体症状

胃痛、胸痛、吐気、嘔吐、心拍数の増加、動悸、呼吸が速くなる、頻尿など

  

代表的な精神症状

緊張感、不安、焦燥感、感覚過敏、多弁、不眠症など

 

 

これに対し、あまり聞き慣れない「コーヒーアレルギー」は以下のとおりです。

 

 

コーヒーアレルギーとは 

 

この「コーヒーアレルギー」という言葉自体、最近になって知られるようになったもので、いわゆる「卵アレルギー」や「魚介類」「乳製品」のアレルギーほどメジャーではないですよね。

 

その名のとおりコーヒーを飲むことでアレルギー症状が引き起こされることをいいます。

 

「カフェイン」ではなく「コーヒー」だという点がポイントです。

 

コーヒーアレルギーには次のような症状があります。

 

コーヒーアレルギーの代表的な症状

吐き気、動悸、貧血、腹痛、咳、くしゃみ、湿疹、手の震え…など

 

 

症状を見ていただくとわかるとおり、じつは「コーヒーアレルギー」と「カフェイン中毒」の違いってなかなか見分けづらい点がやっかいなんです。 

 

 

そもそも「コーヒーアレルギー」と「カフェイン中毒」という2つの概念の存在を知らないと、

 

「コーヒーを飲むと、なんか動悸とか腹痛になったりするなぁ〜」

 ↓

「もしかしてカフェインが合わないのかな」

 ↓ 

「でも緑茶とか紅茶とかではそんなことないし、、関係ないか」

 

となっておしまいになってしまいますよね。

 

そして体調不良の原因が特定できないので、いつまでも体調がすぐれない状態が続くことになってしまいます。

 

 

コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の見分け方

 

 

そこで大事になってくるのがコーヒーアレルギーとカフェイン中毒の見分け方です。

  

そのポイントはほぼコレに尽きるといっていいでしょう。

 

ほかのカフェインが多い飲みものを飲んだときにも、同じように体調に変化がでるかどうかです。

 

濃い緑茶や紅茶、コーラなどカフェインの強い飲みものは平気だけど、コーヒーを飲むと動悸がする、不安感が募るなど体調に変化があらわれる…という場合は「コーヒーアレルギー」だということです。

 

 

コーヒーアレルギーの特徴

 

さらにコーヒーアレルギーがやっかいな原因のひとつに、そのアレルギーの種類が「遅発性アレルギー」だという点があげられます。 

 

 

じつは食物アレルギーには以下の2つの種類があります。

 

 

即時性アレルギー

 

その名のとおり、たべてすぐに体に変化があらわれるアレルギーです。

 

たとえばこれらの食べものを食べたときにでるアレルギーで

  • 牛乳
  • エビ
  • カニ
  • 大豆 などなど

いわゆるわたしたちがイメージする一般的なアレルギーはこの即時性アレルギーなのではないでしょうか。

 

 

遅発性アレルギー

 

これに対し、アレルゲンとなる食べものを食べて数時間から数週間後にあらわれるアレルギーがあり、それを遅発性アレルギーといいます。

 

 

やっかいだとお話ししたのは、コーヒーアレルギーは遅発性アレルギーだからなのです。 

 

 

わたし自身がそうだったのですが、

そもそもコーヒーの味も香りも大すきだったため定期的に飲んでいたこともあって、頭痛や動悸などの体調不良があっても、すぐに変化があらわれるわけではないため、その原因がコーヒーだと気が付かないんです!

 

 

わたしの場合は、ある日ふと

「コーヒーを飲まない日はすこし体調不良が落ち着く……かも??」 

 

 

と思いあたり、コーヒーアレルギーに行き着くことができました。

 

 

もしかしたらあなたもコーヒーアレルギー?

 

 

自分の体調不良がコーヒーアレルギーだと判明した当時の一件は、たとえ小さな違和感であってもただほったらかしにするのではなく、

 

「なにが原因かなー」なんて冷静に振り返ってみることも大事なんだと感じることができた経験になりました。

 

コーヒー好きであっても、コーヒーアレルギーの可能性があるのがなかなか辛いところではありますが…

 

もし症状に心当たりのある方は、一度ご自分の体を検証してみることをおすすめします (*^^*)

 

 

本業は歯科衛生士やってます。こちらの記事もどうぞ☆

歯科衛生士はどんな歯みがきグッズを使っているのか、お教えしちゃうよ。

朝の歯磨き「朝食後」にしていませんか? 正解は「起きてすぐ」! 

【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です 

 

スポンサーリンク