ママは歯科衛生士

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

歯みがきを嫌がる子どもに|これで完璧!な3つの方法とテクニック

 

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

子どもって、歯みがきするの嫌がりますよね…。

 

 

ふだん歯科医院で働いていて、子どもを連れてこられたママさんの一番のストレスは「歯みがきをイヤがってしてくれないこと」という方がすごく多いです。

 

 

「歯みがきしないと虫歯になるよ!」といったところで、虫歯の痛さや治療の怖さなどを知りませんから効果がないんですよねえ…

 

 

今回はそんなお母さんお父さんのために、歯みがきを嫌がる子どもにうまく歯みがきするためのテクニックを3つご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

歌をうたってる間に磨く

 

 

これはわたし自身がやっていて効果があったのでオススメです!

 

 

NHKのお母さんといっしょで流れる歌など、子どもが好きな曲をお母さんやお父さんが歌ってあげながら歯を磨く、という簡単なことなのですが

 

 

コレが意外と効果的なんですよ(o^^o)

 

 

この方法でうまくやるポイントはズバリ以下の2つ!です。

 

 

歌が終わったら歯みがきも止める

 

これを子どもとの約束にして、その間は歯みがきがんばろうねという決め事にするのです。

 

子どもってこういうルールを決めると、けっこうキチンと守ろうとしますよね。しかもその間は好きな歌をママやパパが歌ってくれているので楽しんでもくれます!

 

ですが、逆に親がルールをないがしろにすると、この方法は続かなくなります。

 

  • 歌の間に歯みがきを終わらせる
  • もし終わらなくてもその日はそこで終わりにする

 

を徹底することで、ストレスフルな歯磨きタイムも楽しいひと時になりますよ〜(^ ^)

 

 

歌う曲は長すぎないものにする

 

これも地味に重要なポイントです。

 

言うまでもなく、長すぎると歌う方も大変ですし、子どもも飽きてしまいます…。歌う曲は2〜3分のものを選んで、親もその間に磨き終えるようにがんばりましょう(^ ^)

 

 

痛くしない

 

 

2つ目は「痛くしない」ということです。

 

 

「当たり前じゃん」「それができればやってるよ」という声が聞こえてきそうですが、あらためて想像してほしいんです。

 

 

自分が歯医者に行ってイヤなのって、キィーンという音ももちろんですが、やっぱりあの痛みですよね。

 

 

やってる方は気付きにくいですが、されている方は「今、どこをどうされているのか」が見えませんから、自然と本能的に感覚を研ぎ澄ませているんですよ。

 

 

なので痛みや違和感に敏感になってるんです。

 

 

ココを理解せずにゴシゴシ磨いたりすると、子どもの意識に「歯みがきは痛いもの」という固定観念が植え付けられてしまい、のちのち苦労します。

 

 

痛くしないポイント

 

とはいえ、人の歯を磨くという経験はふつうのお母さんお父さんにとっては、初めてだという方が多いと思います。

 

痛くしないのにはいくつかポイントがありますが、まずは次の2つを意識するだけでけっこう違いますので参考にしてください。

 

  • ちょっと弱すぎるかな…ぐらいの力で小刻みに磨く。(歯の汚れって、思ってる以上に優しい力で十分汚れは落ちんです)
  • 歯ぐきに歯ブラシの毛を当てすぎないように注意する。(歯自体に神経はありませんから、痛みを感じる歯ぐきに対して気をつけるだけで全然ちがいますよー)

 

 

おいしい歯みがき粉を使う

 

 

歯みがきをイヤがる子どもに効果的なテクニックの最後は、やっぱりこれです。

 

 

一見、邪道だと感じてしまいますが、我が家でもけっきょく一番効果があったのが、この「おいしい歯みがき粉を使う」ことでした。

 

 

我が家で使っているのはブリアンという歯みがき粉なのですが、このいちご味の子どもへのインパクトは絶大でした!

 

 

それまで、2人の子どもの歯みがきの順番は「一日おき」に、

昨日はお兄ちゃんからだったたから、今日は〇〇ちゃんからね、といったやり方でやっていたのですが(つまり、どちらも率先して歯を磨きたいとは思ってなかったということですね(^^;)

 

 

ブリアンを使うようになってからは、お互い「今日は自分からやる!」といって我先にと争うようになったんです。

 

 

けっきょく味かぁ…と、歯科衛生士としての小さな敗北感を感じながら、でも喜んで歯みがきをしてくれるという、日々のストレスからの解放はわたしにとってとても大きな効果でした!

 

 

このブリアンという歯みがき粉については以下の記事でも詳しく紹介していますが

【関連記事】歯科衛生士のわたしが子どもにブリアンを使っている理由|効果・使い方もプロ目線でレビューします 

 

 

味はもちろん、一番の売りは「使うことで虫歯菌を除去できる」ということです。

 

 

歯の健康は将来の人生の充実度にとても影響しますが、そのために子どもの頃にいかに虫歯になりにくい環境をつくっておくかというのは、とっても重要なポイントです。

 

 

オススメの歯みがき粉ブリアンの公式サイトはこちらからどうぞ

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合
子供用歯磨き粉【ブリアン】

 

 

***********************

 

 

以上、歯みがきを嫌がるお子さんに効果的な方法やテクニックを3つご紹介しました。

 

 

将来のお子さんのためにも、ぜひ参考にしていただければと思います!(^^)

 

 

こちらの記事もあわせてどうぞ☆

歯科衛生士が教える|赤ちゃんでも安心な歯みがき粉の選び方 

歯科衛生士のわたしが子どもにブリアンを使っている理由|効果・使い方もプロ目線でレビューします 

【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です 

 

スポンサーリンク