ママは歯科衛生士

あなたの人生をお口から豊かに

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

全ての立ち仕事女性へ|「疲れを癒す」から「疲れない体に」なる方法

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

歯科衛生士の仕事は、じつはとても足が疲れます…

 

 

みなさんのイメージでは、歯科衛生士はチェアに座りながら歯のクリーニングや処置をしている姿が一般的かもしれませんが

 

 

実際は、けっして広くはない診察室を「あっちへウロウロ」「こっちへウロウロ」と歩き回り (^^;、またドクターのアシストにつくときは立ちっぱなしで行うことがほとんどです。

 

 

歯石取りなどで自分が施術するとき以外は、かたいフローリングの床にずっと立ちっぱなしでいるんですよ (>ω<)

 

 

オペの時などはそれが何時間も続いて、もうグッタリです。。

 

 

足は「歩く」より「立ってる」方が疲れるという事実

 

 

じつは人間の足って、長距離を歩くよりも、その場に立ちっぱなしでいる方が断然疲れるらしいこともあって

 

 

帰りの電車で席に座れたときは、最寄駅に着いても立ち上がれないくらい足がパンパンになったりします。

 

 

そして『溜まった疲れは週末の半身浴やマッサージで解消し、また次の週へ突入する。』

 

 

わたし自身、そんな生活を続けていたのですが、ある日思ったのです。

 

 

こんな生活を続けていたら、一生この流れを繰り返すだけの生活になる」と。

 

 

つまり、週末の半身浴やマッサージって、マイナスになった身体の状態をゼロに戻しているだけであって、プラスにする要素がない…なんて虚しい行為なんだろうと感じてしまったんです。(さらに、そこにお金も使っているという。。)

 

 

そこから、わたしの試行錯誤の日々が始まりました。

 

 

そしてたどり着いた結論が、

「疲れを癒す」から「疲れない身体に」なることが一番だ!ということでした。

 

 

なぜ足が疲れるのか

 

 

そもそも足の疲れって、どうして起きるのでしょうか。

 

 

なんとなく知ってる、という方も多いかもしれませんが、あらためて説明すると「血液が足に溜まって循環が悪くなることで、疲労物質が蓄積されてしまう」ことが原因です。

 

 

この原因がわかれば、おのずと「疲れない」ようになるためには何が必要かが分かってきますよね。

 

 

そうです、「血流をよくすればいい」のです。

 

 

血流を良くするには

 

 

一番手軽に、その場でできることは「つま先立ち」や「ふくらはぎを伸ばす」といったことです。

 

 

とくにふくらはぎは「第二の心臓」なんて言われますから、ふくらはぎの血流を良くしてあげることで、全身の血液の流れが促進される効果が得られます。

 

 

わたしのとっておきのグッズ

 

 

つま先立ちやふくらはぎのストレッチもいいのですが、

 

 

ある日、かつての歯科衛生士の専門学校で同じクラスだった友だちとお茶を飲んでいて、「とにかく足が疲れる」と相談すると「これを履くといいよ!ぜんっぜん違うから」と教えてもらったグッズがあります。

 

 

それはキュットスリムというストッキングでした。

 

f:id:mama-eiseishi:20170607211356p:plain

 

 

最初にこの「キュットスリム」を紹介されたときは、いわゆる「美脚ストッキング」的なものだと思っていたので、

 

 

「う〜ん、そうじゃないんだなぁ」(もちろん美脚も手に入れたいですが ^^;)

 

 

立ち仕事で疲れる、って言ってるんだけどなーと思っていたのですが、よくよく話を聞くと、どうも美脚うんぬんだけでなく、もっと体感できる効果があるのだと言うんです。

 

 

それが「弾圧」「着圧」設計がされていることによる血流促進効果だったんです。

 

 

「血流が促進される」ということは、先ほどお話したように「身体の疲れにくさ」に直結します。

 

 

最初薦められたときは半信半疑でしたが、これがびっくりするぐらい効果抜群だったんです!

 

 

キュットスリムの効果

 

このキュットスリムの売りとしては、

 

f:id:mama-eiseishi:20170607212849p:plain

 

 

こんなふうに各パーツにあわせた着圧設計で「美脚」はもちろん、「ヒップアップ」「ぽっこりお腹」のカバー、「下半身痩せ」「むくみの改善」などがあげられるのですが、

 

 

さきほどからお話しているように、わたしにとっては「血流改善」による「疲れの軽減」が一番のうれしい効果でした!

 

 

とにかく、履いた瞬間から感じる「ちょっとキツイかな…」と感じるほどの圧力感が、血液の流れを促進してくれて、履いてるうちにだんだんクセになってくるんですよ。

 

 

ただ立ってるだけでも、何かに支えられているような感覚とでもいいますか。

 

 

仕事終わりに電車に乗っても、座席から立ち上がることもできなかった頃がウソのように足に疲れが残ってないんです。

 

 

お値段は3,000円ちょっとしますから、けっして安い買い物ではないのですが、その効果を考えると、わたしにはまったく高く感じませんでした。

 

 

けっきょく疲れを癒やすために行くマッサージやスーパー銭湯などのお風呂にそれ以上のお金をかけていましたから、その時間分、得をした感じさえしています。

 

 

「疲れを癒やす」から「疲れない身体」へ

 

 

わたし自身が使い、実感したからわかったことですが、やっぱり

 

 

「疲れてマイナスになった身体をゼロに戻す」ためにお金や時間をかけるのはもったいないんですよ。

 

 

だったらその時間を本当に好きなことや好きな人と過ごしたほうが何倍も人生を楽しめますから (*^^*)

 

 

立ち仕事で足や体全体の疲れにお悩みの方は、ぜひこのキュットスリムを試してみてください。

 

 

たかがストッキングと侮っていると、その効果にうれしいギャップを感じるはずです!

 

着圧・弾性・加圧ストッキングの決定版!キュットスリム!

 

スポンサーリンク