ママは歯科衛生士

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

【第一印象】あなたの「歯」はこんなに見られています。

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

学生時代の友人から聞いて、今でも忘れられない話があります。

 

 

その友人はある食品メーカーで働いていたのですが、ある日オフィスに業務用のコピー機を紹介しに営業の方が来たそうです。

 

 

門前払いにするのも…ということでパンフレットだけ受け取って帰ってもらおうと話を聞き始めると、その営業マンのある部分に衝撃を受け、目が離せなくなってしまったそうです。

 

 

そのある部分とは「歯」

 

 

その方は、前歯がなかったのです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「歯」が第一印象に与えるインパクト

 

 

もちろん色んな理由があると思います。

前歯がないから、その人がどうだこうだという話ではありません。

 

 

ただ、人は当然あると思っているはずのものがなかったりすると、肝心の話に耳を傾けることができす、そのことばかりに気を取られてしまったりします。

 

 

友人もそうで、今思い出してもそのコピー機のことはまったく思い出せないけれど、前歯がなかったという印象と衝撃は忘れられないそうです。

 

 

この例は極端かもしれませんが、

「歯」というのは、自分で思っているよりもずっと、人に与える印象が大きいのです。

 

 

歯がないといったことに限らず、歯の神経が死んでいて黒ずんでいる、着色汚れが目立つ、歯並びがガタガタしている…などなど

 

 

歯にまつわるあれこれで、自分の印象を下げてしまっている可能性があることに意識を向けることは、あなたの人生にとって、とても大切です。

 

 

逆の立場になって想像していただくと、より実感しやすいかもしれません。

 

 

目の前にいる初対面の方の歯が、「なかったり」「欠けていたり」「黒ずんでいたり」「ガタガタしていたり」したら、どうでしょうか。

 

 

どんなにステキな顔立ちや服装をしていても、どこかその好印象にブレーキがかかってしまいますよね。

 

 

これはとてももったいないことです。

 

 

「きれいでないとがっかり」する異性の部位は

 

 

シネックスインフォテック株式会社が、全国の20代から60代の男女1,000人を対象にして「異性の印象と歯に関する意識調査」を行ったのですが、 その結果がとても象徴的なのでご紹介したいと思います。

 

 

まずはこの結果をごらんください。 

 

Q:「異性の第一印象」で、きれいでないとがっかりする異性の部位は?

 

f:id:mama-eiseishi:20170625090644p:plain

 

 

Q:「配偶者や恋人の身だしなみ」で、きれいでないとがっかりする部位は?

 

f:id:mama-eiseishi:20170625091014p:plain

 

 

Q:異性の口元で気になるポイントは?

 

f:id:mama-eiseishi:20170625091210p:plain

 

 

 

正直、この結果がすべてを物語っていて、他に加える言葉もないほどですよね。

 

 

いかに歯を含む口元の印象がたいせつかがわかります。

 

 

とくに印象的なのは、「異性の第一印象」だけでなく「配偶者や恋人」に対しても歯などの口元のケアを大切にしてほしいと思っている、という点です。

 

 

つまり恋人になる前の段階だけでなく、付き合ってからも結婚してからも、歯(口元)のケアには気をつけて欲しいということです。

 

 

それほど歯や口元は人の本能に訴えるものがあるということだと思います。

 

 

歯のケアの方法 

 

 

では、歯をキレイにするにはどうしたらいいのか。

 

 

このブログでも何度もお伝えしてきましたが、あらためてまとめてみますね。

 

 

といっても、何か特別なことをする必要はありません。

以下の3つを淡々とつづけていけばいいのです。

 

 

1.正しい道具で歯を磨き

 

関連記事:【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です 

 

関連記事:【歯科衛生士おすすめワンタフトブラシ】の効果でツルツルの歯に! 

 

 

2.フロスや歯間ブラシを習慣にして

 

関連記事:違いを感じるフロス|歯科衛生士が使ってる超おすすめフロアフロス 

 

 

3.食後や口寂しいときにはガムを噛む

 

関連記事:歯科衛生士おすすめ【初期虫歯を治し、予防するガム】はPOs-Ca(ポスカ)です 

 

 

これを基本にしながら、なにより継続をしていただきたいんです。

 

 

どうしても「今日ぐらいはいっか」「疲れてるし…」などと自分に甘くなってしまうこともあるかもしれませんが、

 

 

そうなりがちな方は、道具に投資してテンションやモチベーションを上げることで楽しくケアする、という方法もおすすめです。

 

 

おすすめのアイテムとしては

 

 

今や、ずいぶん有名になりましたが「ジェットウォッシャードルツ」を使ったり

【2017最新】ジェットウォッシャードルツは買い?|歯科衛生士が詳しくレビューする 

 

 

電動歯ブラシをうまく活用することがあげられます。

歯科衛生士が電動歯ブラシに「ドルツ」をおすすめする理由を全力で語らせて。

 

 

ですが、いずれも肝に銘じていただきたいのは

 

 

歯のケアは「誰かのためじゃなく、自分のためになる」ということです。

 

 

異性からの第一印象などももちろんですが、80年付き合う自分の歯を健康に保つことは、毎日を充実していきるために、地味ですが大きな鍵となるポイントです。

 

 

このことは、日々、歯科衛生士として患者さんの歯を見ているわたしにとって、確信をもって言えることです。

 

 

ぜひ、ここに書いた記事を参考にしていただき、あなただけの人生を充実して生きるための方法として「歯のケア」を継続してほしいと思います! (^^)

 

 

スポンサーリンク