ママは歯科衛生士

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

「なぜか風邪をひきやすい」方は朝起きてすぐ歯磨きすればいいですよ

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

冬の乾燥による風邪はもちろんですが、「夏カゼ」といわれる風邪や、季節の変わり目になるとひきやすい風邪など、

 

 

けっきょく風邪をひく危険性って、一年を通して、常にそばにあるといっても過言ではないですよね。

 

 

そんな中、普段歯科医院で働きながらたくさんの患者さんと接していると、ふと、こんなことに気が付きます。

 

 

人って、「頻繁に風邪をひく人」と、「めったに風邪を引かない人」2種類に分かれるな、ということです。

 

 

どうですか。

 

 

あなたのまわりの人にも、こういう傾向がありませんか。

 

 

もしかしたら、あなた自身がなぜか「頻繁に風邪をひく人」で、そのことで困っているということもあるかもしれませんね。

 

 

今回は、「なぜか風邪をひきやすい」方に対して、朝起きてすぐの歯みがきを習慣にすれば風邪をひきにくくなりますよ、というお話しをしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

なぜ風邪をひくのか

 

 

風邪は、わたしたちが生きている中で一番身近な病気でもありますよね。

 

 

ただ一言で「風邪」と言っても、

  • 発熱
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • せき、たん
  • くしゃみ
  • 身体がだるい、重い
  • 寒気
  • のどの痛み

などなど、様々な症状があり、その原因もまた様々です。

 

 

ですが、風邪をひく理屈というのは説明が可能なんです。

 

 

簡単に言うと風邪というのは、上気道にウイルスが感染することで起こります。

 

 

Wikipediaの画像を引用してもう少し詳しく説明すると、

 

f:id:mama-eiseishi:20170701133921p:plain

 

風邪のウイルス(インフルエンザも同じです!)は、上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)に感染し、症状をおこします。

 

 

上気道のどこで感染するかによって症状がでる場所もかわるので、先ほど例としてあげたように、鼻にがつまったり、のどが痛くなったりと様々な症状があるのです。

 

 

※ちなみに、下気道(気管支や肺)に感染している場合は、いわゆる「気管支炎」「肺炎」とよばれ、普通の風邪とは区別して呼ばれています。

 

 

寝起きの口の中は、ものすごく汚い 

 

 

このブログでも何度かお伝えしていますが、朝起き抜けの口の中というのは、菌がものすごく繁殖しています。

 

 

起床時の口の中の細菌の量と細菌が出す酵素(たんぱく質分解酵素)は、んち10グラムと同じ量に相当すると言われているんです。

 

 

これらの菌こそが、朝一番の口臭のキツさの原因であり、虫歯・歯周病の原因でもあります。

 

 

なぜ起き抜けにはこれほどたくさんの菌が口の中で発生しているかというと、睡眠中に唾液の分泌が減少することが原因なのですが、この菌は同時に身体に様々な悪影響をあたえます。

 

 

そのうちのひとつが、風邪やインフルエンザなのです。

 

 

朝食後の歯みがきでは遅すぎる理由 

 

 

歯みがきをしないままに朝食を食べてしまうと、先ほどの菌の多くが食べものと一緒に身体の中に入ってしまいます。

 

 

身体の中に入っていくとどうなるか。

 

 

一部の菌は喉頭にとどまり、またある一部の菌は咽頭にとどまり、また別の菌は…。

といったように、先ほどの「風邪をひく理屈」でお話しした結果を引き起こすのです。

 

 

つまり、上気道に菌・ウイルスが感染して風邪やインフルエンザになってしまうということです。

 

 

ですので、朝起きてすぐに歯をみがき、口の中の菌を身体の中に入れないことはとっても有効な風邪の予防法になるんですよ。

 

 

起きてすぐの歯みがきで風邪やインフルエンザ予防、についてはよく知られるようになってきていますが、さらにくわしく知りたい方はこんな本もありますので読んでいただくとより理解が深まるかと思います。

 

 

呼吸器科のお医者さんが書かれた本で、起きてすぐの歯みがきによる効果や実績も書かれています。

 

 

 

とくに冬のインフルエンザが流行するシーズンなどは、絶対に朝食を食べる前に歯を磨いていただきたいと思います。

 

 

朝食もおいしく食べられる

 

 

この「起きてすぐの歯みがき」は風邪やインフルエンザ予防に有効なのはもちろんなのですが、

 

 

わたしがこれを習慣にしてよかったことのもう一つに「朝食がおいしく食べられる」という点があげられます。

 

 

使う歯みがき粉にも気をつけていただく必要がありますが、

【決定】歯科衛生士おすすめ歯みがき粉はこの4つ|虫歯・歯周病・ホワイトニング・知覚過敏 

 

 

起き抜けのネチョネチョした口では(うがいをしたところで、ほとんど効果はありません)、朝ごはんをおいしく食べることってできないんだなぁと、わたしは起きてすぐの歯みがきを習慣にすることで気づくことができました。

 

 

以前は、朝の歯みがきは朝食後にするのが当然だと思っていたのでわからなかったのですが

 

 

一度起きてすぐに歯みがきをする習慣ができてしまうと、

 

 

歯磨きせずに朝ごはんを食べるなんて、気持ち悪くてできなくなってしまうのです ^^;

 

 

これは菌やウイルスを体内に取り込んでしまうという理屈の面からもそうですし、きっと敏感な口腔環境は、そんな理屈を考えるまでもなく「不快なものは不快だ」と判断できているんだと感じます。

 

 

「なぜか風邪をひきやすいなぁ」

「やっぱり年のせいかなぁ」

 

 

などと感じている方。

ぜひ一度、朝起きてすぐに歯みがきをする習慣を取り入れてみてください。

 

 

理屈の面からも感情の面からも、さわやかな一日の始まりを実感できますよ!(^^)

 

 

歯科衛生士おすすめの歯のケアはこちらからも 

歯科衛生士おすすめ【初期虫歯を治し予防する方法】はガム「POs-Ca(ポスカ)」を噛むこと

【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です

【2017最新】ジェットウォッシャードルツは買い?|歯科衛生士が詳しくレビューする 

 

スポンサーリンク