ママは歯科衛生士

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

【おいしい・食べやすい・虫歯知らず】オフィスにおすすめお菓子はコレ!歯科衛生士が紹介します

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

先日、「オフィスでおやつをどのくらいの頻度で食べるか」という問いに対する、こんなアンケート結果を目にしました。

 

f:id:mama-eiseishi:20170821215359p:plain

http://www.sankeiliving.co.jp/research/ol/076.html

 

  • 「週5回以上」という方が44.4%
  • 「週3〜4回」という方が36.0%

 

ということで、まあ、ほとんどの方がオフィスで仕事をしながらお菓子を食べているということがわかります。(週5日というと…つまり毎日ってことですよね (^ ^))

 

 

さらに、「どんなおやつを食べているか」という質問に対する回答は以下のとおりです。

 

f:id:mama-eiseishi:20170821215517p:plain

http://www.sankeiliving.co.jp/research/ol/076.html 

 

想像どおりと言いますか、定番と言いますか

  • チョコレート類がダントツで多く
  • クッキー類がそれに続きます

 

 

歯科衛生士という仕事は基本立ち仕事で、「自分のデスク」というスペースはありません。

 

 

なので、オフィスの自分のデスクでお菓子をつまんでリフレッシュして、さあまたガンバロー!みたいなシチュエーションに憧れたりしちゃうんですよね。

 

 

ただ、もし自分が仕事の合間にお菓子を食べるとしたら…とリアルに想像すると、絶対に気にしてしまうことがあります。

 

 

そうです。虫歯です。

 

スポンサーリンク 

 

 

オフィスで食べるお菓子は要注意

 

 

このブログでも何度かお話ししていますが、

【関連記事】ステファンカーブを知って虫歯にならない方法を実践しよう

 

 

健康な歯というのは、いかに口の中にものを入れる時間の間を空けるか、がポイントになります。

 

 

食事と食事の合間の時間が短くなると、歯が酸性になって溶けている状態(これを初期虫歯といいます。) が長く続き、口腔環境は一気に悪化します。

 

 

以下のグラフで、むらさき色の部分は、歯が酸性になって初期虫歯の状態になっていることを表しています。

 

f:id:mama-eiseishi:20170626215636p:plain

http://takenoyama-dc.jp/news/284/

 

 

 

朝食、昼食、おやつ、夕食と口にものを入れるのが一日に4回ぐらいであれば、その時間以外は口腔内のpHは中性にもどるので問題ないのですが、

 

 

ダラダラと甘いものを口に入れていると、口腔内が中性に戻る時間がないため、歯が溶け続けてしまいます。

 

 

この図のようにです…

 

f:id:mama-eiseishi:20170626215648p:plainhttp://takenoyama-dc.jp/news/284/

 

 

ですので、仕事の合間にフッとひと息…という場面でも、口に入れるものには注意をしていただきたいんです。

 

 

砂糖たっぷりの甘いものはもちろん、それをちょこちょこと小腹が空くたびに食べていると、虫歯・歯周病への道まっしぐらです…

 

 

職場で食べるお菓子の条件

 

 

また、仕事中に自分のデスクでお菓子を食べるときって、暗黙の了解というか、マナーというか、そんなものが存在しますよね。

 

 

たとえば…

  • においがするもの
  • 手が汚れるもの
  • ポロポロと形が崩れやすいクッキーみたいなもの
  • せんべいのようにバリバリと音がするもの
  • 個別包装されていないもの

などは、なんとなく避けておこうといった意識が働くと思います。

 

 

もしかしたら、虫歯になるとか歯周病になるとかいうことよりも、このような食べるおかしのマナー的なものを気にする方のほうが多いかもしれませんね。

 

 

ですのでこれらの条件をクリアした「一口サイズのチョコレート」とか「ビスコ」とか「カントリーマアム」などなど、一言でいえば「口に入れやすくて、おいしいお菓子」が、職場のおやつの定番になるんだと思います。

 

 

また最近は「オフィスグリコ」のような、職場据え置き型のおやつコーナーみたいなものもずいぶん普及してきているようです。

 

 

ですが!

 

 

やっぱり歯科衛生士のわたしとしては、「口に入れやすい、おいしいお菓子」の条件にプラスして「虫歯にならない」という要素を重視したいのです (^^)

 

 

口腔ケアがおろそかになると、虫歯や歯周病になったり、それに付随して口臭もきつくなったりしてしまうので、職場ではどうしても避けたいということです。

 

 

…でも、そんな都合のいいお菓子なんてあるの?

 

 

そんな声が聞こえてきますが、それがあるのです。

 

 

オフィスで食べるのにおすすめのお菓子

 

先ほど、職場で食べるおやつでダントツの一位だったチョコレート類ですが、一般的には虫歯になりやすいお菓子の代表格なイメージですよね。

 

 

じっさいにコンビニのチョコレートなどは、「カカオ90%」みたいなものを除いて、砂糖をたっっぷり使った甘いお菓子です。(かといって「カカオ90%」のチョコはめちゃくちゃ苦いです…)

 

 

そんなチョコレートですが、じつはどれだけ食べても絶対に虫歯にならないチョコレートというものがあるのをご存知ですか?

 

 

それは、甘味料をキシリトール100%でつくったチョコレートです (^^)

 

 

その名も「歯医者さんが作ったチョコレート」といいます。

 

これは、このブログでも何度か紹介しているんですが、

 

 

フツーにおいしくて、もちろんチョコレートのあまーいしあわせ感も存分に味わえて、さらに個包装もされていて、でもぜったい虫歯にならないという、もう文句のつけようがない一品です (*^^*)

 

 

唯一の欠点といえば、値段が高い、ということぐらいです。

 

 

ですが、もちろん言ってもお菓子ですので、まったく手が出ないほどの値段ではありませんから

 

 

逆に、「食べ過ぎて太る」のを防ぐことができると考えればまったく問題ないのではないでしょうか☆

 

 

また、まだまだこのキシリトール100%チョコレートに関しては知らない人もいっぱいいますから、職場でのコミュニケーションのきっかけにもなります。

 

 

ひとつぶの大きさもけっこうありますから、ひとつひとつを宝石のように大事に食べてみるのもとても贅沢な味わい方です!

 

 

チョコの他にも…

 

このキシリトール100%のお菓子というのは、チョコレート以外にも

 

グミがあったり

 

 

こんなかわいいムーミンのタブレットがあったりと

 

ハマるといろいろ試してみたくなっちゃうお菓子がいっぱいあります (^^)

 

 

オフィスで食べるお菓子選びの選択肢として、ぜひ一度キシリトール100%のお菓子を試してみてください。

 

 

虫歯や歯周病にならない、という安心感が、おやつの時間をいっそうのリラックスタイムに変えてくれますよ〜☆

 

 

歯科衛生士おすすめの歯みがきグッズ

衛生士が噛んでる虫歯予防ガム「POs-Ca(ポスカ)」(キシリトール配合)はおすすめ!

【歯科衛生士が使ってる】おすすめの超王道歯ブラシ「タフト24」と「DENT EX システマ」です

【決定】歯科衛生士おすすめ歯みがき粉はこの4つ|虫歯・歯周病・ホワイトニング・知覚過敏

 

スポンサーリンク