ママは歯科衛生士

ママは歯科衛生士

ようこそ。あなたの知らない歯の世界へ

愛犬の口が臭い|歯科衛生士が教える犬の歯周病・虫歯対策

 

 

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

 

先日、わたしが歯科衛生士であることを知っているママ友から、こんな質問を受けました。

 

 

飼ってる犬の口が臭いんだけど、虫歯かなぁ?

 

 

これまで、人間の歯や口臭の相談はいくつも受けてきましたが、犬の虫歯を見るというのは初めての経験でした。

 

 

とはいえ、犬の歯であっても歯は歯ですし、さらに歯科衛生士としての好奇心もあって、そのワンちゃんの口の中を覗かせていただきました。

 

 

すると…

 

 

虫歯かどうか以前に、とにかく、、、口が臭かったんです。

 

 

そのニオイの種類は、むわっと広がる、なにかが腐ったようなニオイで、正直、顔を向き合わせて同じ部屋にいたくない…と本能が叫ぶほど強烈なニオイでした。

 

 

ですが、そのニオイに、わたしはたしかに見覚え(ニオイ覚え?)があるのです。

 

 

というより、実際はそのニオイを嗅いだ瞬間、すぐに「あぁ、これは」とはっきりわかりました。

 

 

そのワンちゃんは、あきらかに歯周病だったんです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

犬も歯周病になるの?

 

 

犬も歯周病になりますし、もちろん虫歯にもなります。

 

 

じつは、かつて犬の口腔内の研究がすすんでいないころには、「犬は虫歯にならない」なんて言われていたんです。

 

 

もしかしたら、今でもそう思っている方もいるかもしれませんね。

 

 

ですが、今はこれは間違いであることがわかっています。

 

 

「犬は虫歯にならない」はウソ

 

1998年、カナダのオンタリオで犬の虫歯調査が行われました。

 

 

全部で435頭の犬の歯を診察したところ、全体の5.3%にあたる23頭に虫歯が見つかったというのです。

 

 

それまでは

  • 犬の食べものには糖質が少なく、アミラーゼ(消化酵素)が唾液に含まれていない
  • 歯の形状的に虫歯になりづらい
  • 咀嚼時間(モノを噛んでいる時間)が短く、口の中が酸性になりにくい

 

などの理由で、犬は虫歯にならないなんて言われていたんですが、結果的には、犬も虫歯になることが分かり、今では犬の虫歯予防の重要性についても知られるようになってきました。

 

f:id:mama-eiseishi:20170902000156j:plain

 

 

虫歯よりおそろしい歯周病

 

 

もちろん歯がズキズキ痛む「虫歯」は恐いですし、ならないに越したことはないのですが、

 

 

虫歯以上におそろしいのは「歯周病」です。 

 

 

これは人間も犬も同じです。

 

 

たとえば虫歯の場合は、最悪虫歯の部分を機械で削るという形で、(治ったわけではありませんが)痛みはなくなり、これまでどおりの日常の生活に戻っていくことができます。

 

 

ですが歯周病の場合は、悪くなっているのは「歯」ではなく、歯ぐきに代表される「歯の周囲の組織」です。

 

 

ですので痛みはないのですが、

 

 

気づいたときには、残念ながら歯周病がかなりすすんでしまっている状態で見つかることが多いです。

 

 

場合によっては、歯がグラグラして抜けてしまってから歯周病だったと分かることも少なくありません。

 

 

とくに犬の場合は、飼い主が日ごろからしっかり目をかけてあげていないと、歯がグラグラしていることになかなか気づけないですよね、、。

 

 

ごはんの時間になるとあんなに喜んでとんでくるワンちゃんも、歯が抜けてしまっては食事の楽しみは半減しますし

 

 

それに伴って、日々の元気もなくなっていってしまうのは、本当にツライです。

 

 

また、家族同然に暮らしている愛犬の元気がなくなっていく様子を目の当たりにする飼い主も、それはそれはツライものがあると思います。

 

f:id:mama-eiseishi:20170902000317j:plain

 

 

犬の歯周病のサイン

 

 

では、あなたのかわいいワンちゃんが歯周病になっているかいないか、どうやって判断すればいいのでしょうか。

 

 

ここで犬が歯周病になったときの代表的な症状をあげてみますので、チェックしてみてください。

 

 

口臭がする 

 

まずはやっぱり口臭です。

人によってニオイを形容する言葉は違うので難しいのですが、むわっとする生臭いにおいがしたら、まずは歯周病を疑ってみてください。

 

 

歯ぐきが腫れる

 

人間も同じですが、歯ぐきがブヨブヨしてきたり腫れたりしてきたときも、歯周病を疑ってください。

 

 

ものを食べるときに歯を気にする

 

犬は言葉をしゃべれないので直接聞くことはできませんが、歯ぐきに炎症が出て歯がグラグラし始めると、当然違和感を感じます。

食事のときは痛みを感じることもあるので、「なんか歯を気にしてる感じがするなあ」と思ったら、歯周病のことを思い出してくだだい。

 

 

犬を歯周病・虫歯から守る方法 

 

定期的な歯みがき

 

当然ですが、これがもっとも大切です。

慣れていないと嫌がるわんちゃんも多いのですが、

 

  1. まずは口の中に触れられることに慣れてもらい
  2. はじめはガーゼで歯を拭くことから入り
  3. 抵抗がなくなってきたら、歯ブラシで磨きましょう

 

やっぱりステップを踏んで段階的にすすめていくことで、犬も飼い主もストレスを最小限にしながら習慣化することができます (^^)

 

 

口内環境を整えるサプリ

 

歯みがきで最低限のケアはできますが、いつもいつも丁寧に磨いてあげることは現実的ではないですよね。

 

 

人間の子どもであっても「嫌がったり」「口を開けてくれなかったり」と思うように磨けないことも多い中、

 

 

言葉の通じない犬が相手では、なかなか思うようにキレイにすることはできません。

 

 

そこで、ドッグフードなどのいつもの食事に加えるだけで、口腔環境を整えて歯周病・虫歯リスクを減らしてくれる【わんサプリ】 というスグレモノがあるんですよ。

 

f:id:mama-eiseishi:20170901234348p:plain

 

 

  • 現実に今、愛犬の口臭に困っている方

 

にはもちろんお試しいただきたいですし、

 

  • 飼い主であるあなた自身が、歯みがきするのは面倒だなぁと感じていたり
  • どうしてもわんちゃんが嫌がって歯磨きさせてくれない

 

なんて方にもピッタリだと思います。

 

 

人間も食べられる材料でできている!

原材料は全て国産で、保存料も不使用安全・安心なのもうれしいですね☆

 

 

さいごに

 

 

最近では、わたしたち人間の歯が全身にあたえる影響についてはよく知られるようになってきて、口腔ケアに気を配っている方は増えてきましたが

 

 

ペットに対する口腔ケアは、まだまだ不十分な気がします。

 

 

ですが、歯や口腔内の健康の大切さは、人間も動物もまったく変わりがないはずです。

 

 

あなたの愛犬が末永く元気でいるために、今日から「口腔ケア」に意識をしていただければと思います (*^^*)

大切な愛犬の歯を守るペット用補助食品【わんサプリ】

 

 

スポンサーリンク