白い歯は正義!自宅でホワイトニング

【わたしの息、くさいかも】自分の口臭レベルを調べる方法

口臭

スポンサーリンク

こんにちは。歯科衛生士のナカタ コマチです。

 

あなたが、

自分の口臭って、大丈夫かな??

もしかして、息、におってる??

 

と思ったきっかけは何ですか?

  • マスクをしていて、嫌な臭いがしたから
  • なんとなく、人から顔を遠ざけられているような気がして

多くの方は、こんなふうに「自分で」その疑いに気づき、 こっそりネットなどでその対応の方法を探るというパターンがほとんどだと思います。

 

つまり、他人から「息がくさいですよ」と忠告されることなんて、めったにあることじゃないということです。

 

この事実を、あなたはどう感じるでしょうか。

 

わたしは、とても怖いことだと感じます。

 

それは自分で気づかない限り、まわりのみんなが自分に対してい感じている「息がくさい」という状況に、気づくことさえできない、ということだからです。

 

「あなたの息、臭いんですけど」と指摘してくれる人なんて、もはや恩人です。

 

たとえば

  • どんなに顔がタイプでも
  • 話をしていて面白くても
  • 価値観が近くて自然体でいられると感じても

「息がくさい」だけで、なんとなく、なんとなくですが、すべてが台無しになってしまうと思いませんか?

 

また、男女関係における「好き・嫌い」にとどまらず、

  • あなたの職場での人間関係や
  • 仕事のお得意さまとの関係
  • さらには夫婦・恋人の間であっても

「口臭」というファクターは、その人間関係が良好に「続くか・続かないか」

 

もっといえば、人生における豊かな人間関係を築けるかどうかにも関わってくる大きな要素になるのです。

スポンサーリンク

 

自分の口臭を調べる方法

 

手のひらに息を吐いてニオイを嗅ぐ

もっとも原始的で、でも実際、ある程度は効果的ではある方法です。

 

非常に手軽にできるという点も、メリットです。

 

ただ、吐いた息のニオイをすぐ嗅ぐ必要があるので、 嗅覚がリセットされる時間が少なく、ニオイに対して客観的になれないという欠点があります。

 

「いつもの自分のニオイ」と感じてしまい、「臭い」と感じることがむずかしいということです。

 

コップに息を吐いてニオイを嗅ぐ

これはコップという道具を使う分、自分の手のひらで確認するよりも時差をおくことができる分、 ニオイに客観的になることができます。

 

実際、コップに息を吐いてすぐにフタをし、数十秒してからフタを外しにおいを確認すると けっこう自分の素の口臭を確認することができるんです。

 

ドキドキしたり、かるくショックを受けたりしますが^^;

 

自分の口臭をお金をかけずに確認してみたい、という方にはおすすめの方法です。

 

口臭チェッカーで自分の口のニオイを調べる

これまでにご紹介した方法は、手軽に自分の口臭を確認できるというメリットがある一方

 

そのジャッジにあたっては、どうしても「主観的」になってしまうという欠点があります。

 

要は、自分のニオイに対しては、慣れすぎて鈍感になっているという現実があるんです。

 

そこであなたの口臭を客観的に判断してくれるのが口臭チェッカーです。

口臭チェッカーでは、口臭の代表的な成分である

  • 揮発性硫化物
  • 炭化水素系のガス

などを検知することができます。

 

それらのニオイの強さを「色」や「数値」で判断できるところが、自分で息を嗅いで行うチェックとは異なるメリットです。

 

ただ、口臭チェッカーを使用するにあたっては、気をつけておいてほしいこともあります。

ココに注意
口臭チェッカーは、ニオイの「強さ」を判断するものです。 客観的に調べることができるという点で優れた商品ですが、 そのニオイが「いい匂い」なのか「いやなニオイ」なのかのジャッジまではできません。

この特性から、たとえばミント系の匂いの強い歯みがき粉やマウスウォッシュなど、

 

においの強い成分に反応してしまうというデメリットもあるんです。

 

使うときは、むしろ歯みがき後は避けて、ふだんの生活のなにげない瞬間に計測することを心がけると、より効果的な口臭チェックを行うことができると思います。

 

まとめ

 

自分の口のニオイを判断することはとても難しいことです。

 

ただ、本当に親しい家族や友人であっても、「息がくさい」ことを本人に告げるのはとても勇気のいることですよね。

 

それだけに、 今回ご紹介したような方法で「自分で」口臭をチェックするという視点を持つことは

 

あなたの人生にとって、とっても有益であることが分かっていただけると思います。

 

怖がらず、ぜひ一度、自分の口のニオイと向き合ってみてください。

 

たとえショックな結果になったとしても、後悔する必要なんてないんです。

 

仮に「ニオイがある」と分かっても、いまは優れたサプリメントやマウスウォッシュで対策をとることもできるので

 

まずは勇気をもって、現実を知ることからはじめてみましょう(*^^*)